相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは

自分の死後、財産の相続などでもめたりしないように、あらかじめ遺言書を残しておくと言う方も多いと思います。

自筆証書遺言は、もっとも簡単でなじみのある遺言書であると言えるでしょう。

日本の法律においては、遺言書には形式や必要な条件を満たしている必要があり、それが欠けていれば正式な遺言書として認められず、効力が生まれないと定められています。

こちらでは、自筆証書遺言が効力を持つためにはどのように作成しなければならないか、と言うことについて簡単にご紹介します。

まず、遺言書を作成する際には、その遺言書のすべてを遺言者が自筆で記載する必要があります。

他人が代筆をしたものや、タイプライターによってタイプされた遺言書は効力を持ちません。

そして、作成日付を正確に記載しておきましょう。

また、遺言書が1枚に収まりきらず2枚以上にわたる場合は、そのすべてをホチキス等で止め、割印をし、書き間違いなどがある場合には規定に従って訂正しなければなりません。

自筆証書遺言作成の際には、専門家の指導のもとで作成するのが好ましいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回面談の段階で他社より詳しく具体的なお話を頂き、作業ボリューム及びスケジュールがイメージできました。 依頼後もメールのレスポンスも早く、簡潔かつ明瞭な回答で無駄なやり取りを最小限にできました。 短いスケジュールでスムーズに作業して頂き大変助かりまし […]

丁寧な説明と御指導により老人にも理解できる事があり感謝致して居ります。 最後にわかりやすく分類していただいた相続税申告書、これからも役立つ事と思います。

近岡さん、住田さんお二人はとってもとっても親切でした。 自分ひとりでは絶対にできなかった。私にとって、相続税申告書は大変なことでしたが、近岡さん、住田さんは優しかったので、何でも質問でき、電話でも質問できスムーズに終わりました。 私はお二人を信頼して […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る