相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能

1.死亡診断書とは

死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。

この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。

死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師でないと発行することができません。

2.死亡診断書の記載事項

死亡診断書に記載される事項として、次のようなものがあります。

まずは、氏名や性別、生年月日といった基本的な情報、死亡した日時やその場所などが記載されます。

更には、死亡の原因についての記載が細かく行われます。

死因が病気によるものであるか、もしくは受傷によるものであるかなど、また、病気による死亡であればその治療歴や、その他の手術などを行ったことがあるかなど、また、死亡が生後一年未満であった場合は、出生時体重や妊娠時の状態や、母の生年月日など、細かく記載されます。

そして、この死亡診断書とセットとなっているのが死亡届で、これに必要事項を記載して役所に提出することになります。

3.相続税の申告手続きにおいて死亡診断書が必要になる場合

死亡診断書の作成費用については、相続税の計算上、葬儀費用として相続財産から控除(マイナス)することができます。

ただ、死亡診断書の原本自体は特に相続税申告手続きで使用することはありません。

役所への提出や埋葬、生命保険金の請求時等で使用することはあるかもしれませんが。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続には不案内の私共の質問に、穏やかにわかり易くご説明頂き安心して過ごすことができました。 田舎に混み入った山林や田畑があり少し時間を要しましたが、完遂して頂き、安堵致しました。有難うございました。

丁寧に整理してすべての書類を一冊にとじて下さり、ありがとうございました。 次の代を引き継ぐ子供達の為に、貴重な記録として大切に保管させて頂きます。

いろいろお世話になり、ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る