相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

【相続】口座凍結されたときの対処法「相続人代表口座」の開設

相続人代表口座とは

相続を開始する際に注意したいのは、被相続人が生前開設していた預金口座などについてです。

被相続人が死亡したことが分かると、保全のために銀行などの金融機関によってその口座が凍結されてしまい、金銭の引き出しをすることができなくなります。

こうなると、相続の財産分割の段階において不便が生じることがありますので、あらかじめ対処しておきたいものです。

相続人代表口座の開設がその一つで、あらかじめ相続人代表口座を開設しておき、必要となりそうな費用をそこに入れておいてそこから精算するというやり方です。

被相続人の口座が凍結されてしまうと、金銭の精算が面倒になってしまい、トラブルの素となりますのでこれをあらかじめ準備しておくのが好ましいです。

また、金融機関には、個人の口座凍結を解除することを請求できる制度がありますので、当該金融機関にある所定の用紙に、相続人全員の署名捺印をしたうえで、口座の凍結を解除してもらうということも可能です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続で分からないことだらけだったのですが、こちらからの質問に対して、すぐに分かりやすい回答をもらえるのでとても好感が持てました。 相続後のことについても相続に乗って頂き、有り難かったです。

何事にも協力していただける事に大変満足しております。

本当に、お世話になりありがとうございます。 すべてを安心して終わることが出来、感謝しています。 担当の方にもとても親切にしていただき、また短期間で申告していただき、ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る