相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続人代表口座とは

相続人代表口座とは

相続を開始する際に注意したいのは、被相続人が生前開設していた預金口座などについてです。

被相続人が死亡したことが分かると、保全のために銀行などの金融機関によってその口座が凍結されてしまい、金銭の引き出しをすることができなくなります。

こうなると、相続の財産分割の段階において不便が生じることがありますので、あらかじめ対処しておきたいものです。

相続人代表口座の開設がその一つで、あらかじめ相続人代表口座を開設しておき、必要となりそうな費用をそこに入れておいてそこから精算するというやり方です。

被相続人の口座が凍結されてしまうと、金銭の精算が面倒になってしまい、トラブルの素となりますのでこれをあらかじめ準備しておくのが好ましいです。

また、金融機関には、個人の口座凍結を解除することを請求できる制度がありますので、当該金融機関にある所定の用紙に、相続人全員の署名捺印をしたうえで、口座の凍結を解除してもらうということも可能です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

当初の納税額に対して土地、家、資産についてていねいに調査していただき、節税に至るまで対応いただきました。 大変助かりました。

女性の方の担当でよかったです。細かい心づかいがうれしかったです。

初回面接時のテキパキとした対応、説明で、貴社にお願いすることを決めました。相続については全く分からず、資料を集めて渡すというだけをしましたが、結果については大満足です。最初から最後まで丁寧な仕事をしているなということがわかりました。本当に感謝していま […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る