相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人不存在の場合の時効取得について

相続人不存在の場合の時効取得について

民法では、他人の所有地であっても自分がその土地を所有していると思いながら、20年間平穏かつ公然に占有していれば、その占有者が所有権を取得できるとしています。

これを時効取得といいます。

たとえば、息子が父親所有の土地建物を長期間占有し、管理しているという場合があります。

もしこの父親が死亡した場合、息子はこの不動産を時効取得することができるのでしょうか。

この息子が自分だけが相続人だと思えるような特別な状況にない限り、できません。

他の相続人にもその不動産を相続する権利がありますので、通常の相続財産と同じように遺産分割協議によって相続人が決められます。

しかし、不動産を占有していた者が第三者であり、その土地の所有者が相続人不存在の状態で死亡した場合はどうでしょうか。

不動産を占有していた者が、自分の所有だと思い込んでいて、不動産に関する費用を自分で支払って管理使用していた場合には、この者の所有であると解されるという理解もありますので、この場合、不動産の占有者は時効取得を主張することができるのです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限までの時間があまりないなか、松波様には細かく丁寧に処理をして下さり大変感謝しております。 未成年の息子にもベストな形で相続手続きができたと安心しているところです。 今回不動産の件に関しましては、ご迷惑をお掛け致しました。 今後、主人から受け継 […]

今回の相続税申告に関して、適確に手続きを進めて頂き、ありがとうございました。 また相続税関係について、疑問点についても適確にご回答いただき、非常に参考になりました。

相続税に対して全く無知である私にわかりやすく、資料収集をアドバイスしてくれました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る