相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与税と相続税とは

贈与税と相続税とは

贈与税と相続税には密接な関連があります。

なぜなら贈与税法というものはなく、相続税法のなかの一部として、この贈与税が規定されています。

ですからこの贈与税は、相続税を補かんするものです。

そもそも、相続税とは、ある人が亡くなった人からの遺産を相続する時に発生するものです。

さらに、贈与とは、ある人が生きている間に無償で財産を与えることを指します。

もしこの故人が生きている間に財産を与えてしまえば、相続税は発生しないことになります。

そこで、そのようなケースを防ぐために、贈与税が設けられました。

この贈与税は、相続税よりも税率が高いです。

ですから、そのことを知らずに生きている間に財産を、一度の機会に沢山与えてしまうと、税金をより高く支払う事になります。

逆に、相続税を節約するためには、この贈与税の控除を利用して、毎年110万円以内で、財産を生きている間に譲渡する必要があります。

注意すべきなのは、妻が専業主婦である夫婦が住宅等を購入して、その所有権を夫も妻も半々にした場合、妻にたいして贈与があったとみなされ、贈与税が課されます。

贈与をする場合にも、十分にその中身を検討する必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

質問にすぐに、解答していただき、助かりました。 説明もわかりやすく、資料など集めやすかったです。ありがとうございました。

最初の相談時から、準確定申告~相続税の申告・納税までの長期間ではありましたが 解りやすく丁寧な説明でとても良かったです。 また、個人ではとても出来ることではなく、本当に依頼して良かったと大変満足しています。

何もわからなかったんですが、とても親切に丁寧な対応をして頂き感謝しております。 ありがとうございました。又、何かありましたら、よろしくお願い致します。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る