相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産相続人とは

遺産相続人とは

遺産相続人とは、被相続人の財産を相続するものです。

この遺産相続人は民法でその条件と順位を定められています。

ですから、被相続人と血縁関係にあるから、もしくは懇意にしていたからと言って全てが相続人になるわけではありません。

民法では遺産相続人を次の順序で定めています。

第一に被相続人の子、第二に被相続人の直系尊属、つまり両親。

第三に被相続人の兄弟姉妹です。

配偶者がいる場合は、配偶者はいつも相続人となります。

具体的に言えば、相続が開始し被相続人の子がいる場合は、遺産相続人は子と配偶者です。

子がいない場合は、直系尊属と配偶者が遺産相続人になり、子も直系尊属もいない場合は被相続人の兄弟姉妹と配偶者が相続人となります。

配偶者がいない場合は。

前述の相続人から配偶者を取り除いたものが相続人となる訳です。

第一順序となる子も、その子の中に養子縁組をした子や認知した子がいる場合は、これらも遺産相続人です。

前述の遺産相続人が一切存在しない場合や、相続人全てが相続放棄した場合などは、特別縁故者も相続人となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

面談やメールでの対応全てが丁寧で分かり易かったです。 特に我々の不動産売却に対して、関係書類の作成等、こちらの希望するスケジュールで対応して頂き、大変感謝しています。

分からないことばかりだったので本当に親身になって対応してくれました。 ありがとうございました。

・考えていた以上にスムーズにものごとが進み、専門性の高さを感じました。 ・私どもへの対応は、不安や過剰さが無く過不足ない説明でした。 ・税務署対応などでは親身であると感じました。 ・少ない対面、現地調査で状況把握を適格にしていただきました。 ・文書作 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る