相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

遺産相続人とは

遺産相続人とは

遺産相続人とは

遺産相続人とは、被相続人の財産を相続するものです。

この遺産相続人は民法でその条件と順位を定められています。

ですから、被相続人と血縁関係にあるから、もしくは懇意にしていたからと言って全てが相続人になるわけではありません。

民法では遺産相続人を次の順序で定めています。

第一に被相続人の子、第二に被相続人の直系尊属、つまり両親。

第三に被相続人の兄弟姉妹です。

配偶者がいる場合は、配偶者はいつも相続人となります。

具体的に言えば、相続が開始し被相続人の子がいる場合は、遺産相続人は子と配偶者です。

子がいない場合は、直系尊属と配偶者が遺産相続人になり、子も直系尊属もいない場合は被相続人の兄弟姉妹と配偶者が相続人となります。

配偶者がいない場合は。

前述の相続人から配偶者を取り除いたものが相続人となる訳です。

第一順序となる子も、その子の中に養子縁組をした子や認知した子がいる場合は、これらも遺産相続人です。

前述の遺産相続人が一切存在しない場合や、相続人全てが相続放棄した場合などは、特別縁故者も相続人となります。

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

一親等の血族とは

一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]

相続代理人とは

相続代理人とは 相続代理人とは、本人が未成年者や成年被後見人など特定の身分を持ち手続きが行えない場合に、本人に代わり法律行為を行う者を言います。 この相続代理人は法律により代理権を有します。 相続における代理人が行う法律行為の例としては、相続人が未成 […]

相続分不存在証明とは

相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る