相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続人の数と養子の関係

相続人の数と養子の関係

法定相続人の人数は、相続税の基本控除に影響してくるため、その人数にも規定があります。

法定相続人の数が多ければ多いほど、基礎控除の額が増えるので、故意に多数の養子縁組をして相続税を逃れようとするというケースも少なくありませんでした。

そこで、法定相続人における養子の数が規定されるようになりました。

亡くなった人、つまり被相続人に実子がいる場合、法定相続人として認められる養子の数は1人という風に定められています。

また、被相続人に実子がいない場合には、法定相続人として認められる養子の数は2人になります。

ただし、次のような場合には養子も実子と同じように扱われることが認められています。

(1)特別養子縁組によって被相続人の養子になっている
(2)被相続人の配偶者の実の子供で、被相続人と特別養子縁組を組んでいる
(3)被相続人の配偶者が被相続人と婚姻する前に被相続人の配偶者と特別養子縁組を組んでいた者で、被相続人と配偶者の婚姻後に被相続人と特別養子縁組を組んだ者
(4)被相続人の相続人が全て死亡した、もしくは相続権を失ったため、その相続人に変わって相続権を得た者

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

依頼して7か月間色々とありがとうございました。今後税務調査がないといいと思います。 そのため確実に御対応していただきありがとうございました。 以上

1.相続税に関するこちらの質問に即に応えてくれた。 2.司法書士さんとの連携がうまくとれているように見えた。 3.結論が早いと思えた。

税理士さんがとても感じが良く、いろいろな事を相談にのってもらいました。(担当は、長津さんです) 自宅まで書類の手続きに来て下さったり、とても助かりました。 料金もとても安く、うれしい限りです。 お仕事もとても丁寧です。(とても見やすいです!!)

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る