相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続分の指定とは

相続分の指定とは

被相続人が遺言を残さず亡くなった場合、相続人は法定相続分の財産を相続する権利を有しますが、被相続人は遺言により、法定相続分と異なる相続分の指定をすることができます。

相続分の指定をした場合でも、相続人の遺留分に当たる財産は基本的に侵害することが出来ません。

特定の相続人にのみ相続分の指定をすることもでき、他の相続人に関しては残った財産を法定相続分の割合に従って分配することになります。

相続分の指定を第三者に委託する旨を遺言に残すことも出来ますが、委託された第三者はそれを断ることも出来ます。

第三者が断った場合、財産は法定相続分に従って分配されます。

遺言の書き方によっては、相続分の指定なのか遺贈なのか区別が付きにくい場合があります。

遺贈だと判断されてしまうと不動産の相続の際には多額の登録免許税が課税されてしまったりするなど不都合なことが出てきますので、遺言を残す際には「相続分の指定である」旨を明確にする書き方をしなければなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

逝去した父の相続でお世話になりました。とても丁寧なご対応で、残った私達遺族の気持ちを汲み取った親切なご提案等をいただき、大変満足しております。ありがとうございました。

一度だけ相互の連絡不徹底から同一書類をお互いに待っている事があったが、全体として申告期限まで短期間の中で丁寧、正確なサービスを提供して頂けたと満足しております。

相続という初めてのことで不安も大きかったのですが、チェスターさんのわかり易い説明と資料でスムーズに事が運びました。 また、細かい事に関してもメールのやりとりで迅速に対応して頂き、ストレスなく完了することができました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る