相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。

例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点で土地の時価は2億円になっていた。

この土地の半分に対して遺留分減殺請求を受けたので、価格弁償で1億円を返還したというケースを考えてみましょう。

この場合は、返還した財産に対しては、贈与時の時価、1億円に課税されます。

つまり、実際に返還したのは1億円ですが、贈与時の時価の半分を返還したものとみなされます。

ですから、1億円の半分の5千万円に課税されることになります。

一方、遺留分減殺請求をして財産を返してもらった方は、相続時の時価を基にして課税されることになります。

つまり、上記のケースで1億円の価格弁償で受け取ったので、この1億円を相続によって取得したものとみなして、この額を基に課税されます。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は、父の相続の件で大変お世話になりました。初めて家に来て頂いた時から、とても丁寧に説明して下さり、安心してお任せすることができました。 初めての経験で専門用語も多く、自分達だけでは理解し先に進めていくのは容易な事ではなかったと思います。相続書類 […]

この度は税理士法人チェスターに相続税事務処理をしていただき、誠に有難うございました。 貴社支店に訪問した際、久木田様より懇切に事細かく説明をしていただき、 納得、安心するとともに遅れがちな私共の収集資料等を助けていただきました。 書面による質疑応答も […]

⑴当方の作業に関して的確な指示をいただいたことと、疑問点に関して迅速に回答していただいたことが良かった。 ⑵母の名義株式・名義預金に関する問題点を解決していただいたことと、不動産の評価に関して詳細な調査をしていただいたことが良かった。 ⑶相続税の申告 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る