相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。

例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点で土地の時価は2億円になっていた。

この土地の半分に対して遺留分減殺請求を受けたので、価格弁償で1億円を返還したというケースを考えてみましょう。

この場合は、返還した財産に対しては、贈与時の時価、1億円に課税されます。

つまり、実際に返還したのは1億円ですが、贈与時の時価の半分を返還したものとみなされます。

ですから、1億円の半分の5千万円に課税されることになります。

一方、遺留分減殺請求をして財産を返してもらった方は、相続時の時価を基にして課税されることになります。

つまり、上記のケースで1億円の価格弁償で受け取ったので、この1億円を相続によって取得したものとみなして、この額を基に課税されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ていねいに説明をしていただき、連絡もこまめにしていただいたので、安心してお任せすることができました。

女性の方の担当でよかったです。細かい心づかいがうれしかったです。

適切なご案内をいただき、期限内に申告書提出が出来て感謝いたします。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る