相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

離婚慰謝料は相続できるか

離婚慰謝料は相続できるか

両親が離婚し、母親が父親に離婚慰謝料を請求する意思があったとします。

離婚慰謝料を請求する前に母親が死亡し、その子が母親の相続人であった場合、相続人である子が父親に離婚慰謝料を請求できるかどうかという問い合わせは少なくありません。

答えは請求できるです。

しかし、注意が必要なのは離婚の慰謝料請求にも時効が設定されており、規定されている期間を過ぎてしまえば請求はできません。

離婚における慰謝料は二つあり、一つは離婚そのものの慰謝料です。

もう一つは離婚原因慰謝料です。

前者の場合は離婚が成立して3年、後者の場合であれば損害と加害者の存在を知り得てから20年をその時効としています。

被相続人である母親が死亡した時点を基準にしていないことに注意しなければなりません。

離婚慰謝料の相続に関しては、これまで慰謝料請求の権利は被害者の一身に属するものであるため、相続の対象にはならないという考えもありましたが、最近では離婚慰謝料の請求権を相続の対象とする事例が多くなっているのが現実です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度はお世話になりました。 担当者の方は、とても信頼出来、安心してお任せすることが出来ました。 ありがとうございました。

全体を通してのコミュニケーションが非常に良かったと感じています。 内容に応じて対面、電話、メール、郵送と使い分けてスムーズに相談することができました。 私は分からないことがあると、メールを多用して常に回答を裁いていたので非常に満足です。 又、今回父が […]

相続の準備として、いろいろな企業が主催する相談会・勉強会に出席していましたが、こちらの本当に聞きたい事への回答がどうも曖昧でした。 貴社を訪問し、近岡課長様に名義預金、贈与について明快な回答をいただき、すぐに「チェスター相続クラブ」に入会致しました。 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る