相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

離婚慰謝料は相続できるか

離婚慰謝料は相続できるか

離婚慰謝料は相続できるか

両親が離婚し、母親が父親に離婚慰謝料を請求する意思があったとします。

離婚慰謝料を請求する前に母親が死亡し、その子が母親の相続人であった場合、相続人である子が父親に離婚慰謝料を請求できるかどうかという問い合わせは少なくありません。

答えは請求できるです。

しかし、注意が必要なのは離婚の慰謝料請求にも時効が設定されており、規定されている期間を過ぎてしまえば請求はできません。

離婚における慰謝料は二つあり、一つは離婚そのものの慰謝料です。

もう一つは離婚原因慰謝料です。

前者の場合は離婚が成立して3年、後者の場合であれば損害と加害者の存在を知り得てから20年をその時効としています。

被相続人である母親が死亡した時点を基準にしていないことに注意しなければなりません。

離婚慰謝料の相続に関しては、これまで慰謝料請求の権利は被害者の一身に属するものであるため、相続の対象にはならないという考えもありましたが、最近では離婚慰謝料の請求権を相続の対象とする事例が多くなっているのが現実です。

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

一親等の血族とは

一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]

相続代理人とは

相続代理人とは 相続代理人とは、本人が未成年者や成年被後見人など特定の身分を持ち手続きが行えない場合に、本人に代わり法律行為を行う者を言います。 この相続代理人は法律により代理権を有します。 相続における代理人が行う法律行為の例としては、相続人が未成 […]

相続分不存在証明とは

相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る