相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分とは

遺留分とは

遺産を残すとき、遺言書があれば、法定相続人以外の人でも遺産を相続することができます。

しかし、もし家族以外の人に財産の全てを相続させるという遺言書があると、残された家族は住む家も、生活するための基盤も急に全て失くしてしまうことになります。

このような、あまりにも理不尽な状態になることを考慮し、そうしないために、「遺留分」という制度を設けています。

遺留分によって、遺産の一定割合を相続人に残すことを保証しています。

全てを家族以外の者に相続させるという遺言があったとしても、それがすぐに無効となるわけではありません。

相続人は、当然に遺留分を分配されるのではなく、遺留分を請求する権利があるだけですから、この権利を行使するかしないかを選ぶことになります。

遺留分を請求する、「遺留分減殺請求」を行使するまでは、遺言は効力があります。

遺留分の請求権は、遺留分の権利を持つ者が、相続の開始、遺留分請求ができる財産があることを知った時から一年間で消滅します。

また、相続開始から10年が経ってしまっても、同様に権利は消滅してしまいます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

社内も清潔できれいで居心地が良かったです。内容の説明も解りやすかったです。

迅速丁寧に対応していただきまして、有難うございました。 安心してお任せ出来ました。

相続税の申告のプロとして、こちらの意向を十分に踏まえていただき、安心して業務をお願いすることができました。 貴税理士法人に業務を依頼した時期が申告期限まで3ヶ月あまりと、かなり厳しいスケジュールのなかでも、スムーズに進めていただき感謝しています。今後 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る