相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分の期限

遺留分の期限

民法では遺産相続において、相続人の権利と保護を目的に遺留分という制度を設けています。

これは、相続人であるものが遺産相続の際に最低限得ることができる相続財産の割合のことです。

遺言で被相続人が遺産を相続人でないある特定の人物に相続させるよう意志表明していたとします。

このとき、民法の遺留分の制度があるため兄弟姉妹以外の相続人は遺留分を相続する権利を持っていますので、その意志表明は達成できないと通常は考えます。

しかし、この遺留分にもその権利が侵されていると知った時には、法的な手続きをし相続人が自らの遺留分権利を主張することができます。

これを遺留分減殺請求と呼びます。

この請求ができるのも期間に決まりが設けられています。

被相続人の遺言内容に納得できず自らの遺留分権利を主張するには、この遺留分が侵害されていることを知ってから1年間、もしくは相続が開始してから10年以内に手続きを行う必要があります。

この期間内に申し立て手続きをしなければ、遺言に書かれている通りに、遺留分は相続人にわたることなく被相続人が指定ているものに相続されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ささいな質問等にも迅速、丁寧に対応していただきました。面談の日程調整には大変御配慮いただきました。ありがとうございました。

相続是専門・スピード申告との看板通りであり、説明も丁寧で分かりやすく、当方の要望にもスピーディーに対応していただきました。 特に不動産評価については期待以上の負担軽減となり、本当にありがとうございました。

何をすればいいのかとても不安でしたが、丁寧に説明していただき、安心して相続税の申告を御社にお願いすることができました。 色々お世話になり有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る