相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続の調停はどれくらいの期間を要するか

相続の調停はどれくらいの期間を要するか

遺産相続分割協議が相続人間で調わない場合や、何らかの理由で協議ができない場合など遺産相続を速やかに、また平等に行うために家庭裁判所で相続の調停を行うことができます。

調停が必要となる状況が発生した際に、家庭裁判所に調停の申し立てを行います。

対象となる家庭裁判所は相手方の住所を管轄している家庭裁判所か、相手方が複数の場合は調停を必要とする当事者同士で話し合いで決めた家庭裁判所です。

調停は家庭裁判所で進められますが、裁判ではなく話し合いです。

当事者のほかに、調停員が2人と裁判官が1人加わり調停は進められます。

利害関係のない調停員や裁判官が参加し調停を円滑に、かつ平等に進められことに調停の意義があるわけです。

調停は申立人と相手方がその場を同じくして話し合いされるわけではありません。

待合室も分れています。

調停員が申立人と相手方を別々に調停室に呼び、それぞれの主張や意見に耳を傾け、話し合いを進めていきます。

裁判所の混雑具合にもより調停に必要な期間を言いきることはできませんが、一般的には一か月に一回程度のペースで調停の場が裁判所で持たれます。

調停で話し合う内容の複雑やにも影響されますが、通常3回以上必要な場合がほとんどです。

ですので、最低でも一か月に一回のペースで3回ですから、3カ月は必要になるということです。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る