相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺言書の検認とは

遺言書の検認とは

被相続人が残した遺言書を見つけた場合、すぐに開封しないように十分注意してください。

遺言の形式が公正証書遺言でない場合、それを勝手に開封すると5万円以下の過料を申し渡されます。

公正証書以外の遺言書はまず家庭裁判所の検認を受けなければいけないとする旨が定められています。

もし、検認の請求をせずに開封したり、その内容を実行したものには5万円以下の過料が申し渡されます。

遺言書の検認とは、主に偽造や改ざん、変造を防止しその存在を確認する為に行われるものです。

遺言内容の効力を認めるものではありません。

遺言書の検認は、遺言書と遺言者の出生から死亡までの戸籍謄本、申立人と相続人全員の戸籍謄本と検認申立書を家庭裁判所に提出し行います。

申し立てをしたその日に検認するのではなく、家庭裁判所が後日相続人全員に遺言書検認の日時を通知し、相続人立ち会いのもと行われます。

検認作業としては、立会人同席のもと裁判所側が遺言書を開封し、遺言が規定された形式で書かれているか、また筆跡が遺言者の物で間違いないかの確認をします。

検認内容に問題がなければ遺言書には検認済証明書が付され契印が押され、申立人返却されます。

これを経過して、初めて遺言の検認が終了し、遺産分割の作業に取り掛かれます。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)何も知らない小生に対して、親切にていねいに指導してくださった。   Mailでの質問が的確で、整理もすぐれていたためストレスゼロでした。 (2)母親資産に関しても明確にすることができた。 (3)2回の訪問のみでcloseすることができた。

たった二週間の闘病の末、あっけなく他界してしまった一人親の父の残された思いを探りつつ姉妹でスタートした相続は御社のHPの文言を忠実に体現されている担当者お二方(大槻様、尾崎様)の印象で依頼は即決でした。 法的な流れの本流をおさえつつも、たびたび脱線す […]

■■年私の二女が他界し孫二人は両親を亡くしてしまいました。 孫が自らチェスターの山田様に出会い、全て山田様にお願いして、全て解決、 孫2人がとにかく山田様を絶賛していた矢先、今回は主人が他界してしまい、迷わず孫をとおして山田様にお願いしました。全てシ […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る