相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

自動車の名義変更の手続き方法

自動車の名義変更の手続き方法

名義変更の手続きは、自分で書類を揃えて手続きを行うことが可能です。

安値で手続きを完了することができますが、そろえる書類が多いです。

手続きを自分で行わず、業者を通して申請を行う際には法廷費用などを加算してそれなりの金額がかかります。

自分で上手に手続きを行う際には高い金額にはならずこの程度で収まります。

初めての方には複雑に感じられる方もいるでしょうが、意外に簡単に行うことが可能です。

まずは何が必要かを把握しておきましょう。

必要な書類を収集

まず名義変更に必要な書類は車庫証明、印鑑証明、譲渡証明書、委任状、車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などを用意する必要があります。

移転登録申請書、自動車税、自動車取得税申告書、手数料納付書も必要になりますので、かなり多くの書類を必要とします。

自動車の名義変更の際には売り手と買い手の間でトラブルがないように進行していく事が大切です。

双方の間で話がまとまってから名義変更を行ってください。

1BOXやスポーツカーなど、またRV車などや高級セダンなどに関してはかなり値段がつく車もありますので、譲渡や名義変更の際に売買として名義変更を行う際には、名義人の確認、また車の車種や、年式、事故暦などを確認しておく必要があります。

名義変更が必要になる理由

他にも名義変更が必要になる理由として転居などによって住所が変更になる時などがあります。

自動車の使用本拠地が変更になる際や、家族間での譲渡などにも名義変更が必要になります。

また結婚して姓が変更になった時にも名義変更を行う必要があります。

近年で流行っているのが、ネットオークションによる車の売買の際にも必要になりますが、初めての方には用意する書類が多いので多少時間や手間がかかりますが、書類を用意してしまえばすぐに完了することが可能です。

申請する時には、車庫証明から陸運局での手続きなどを行うために2回以上は足を運ぶ必要があります。

名義変更を行わないでそのままにしていると、もし事故を起こしてしまったときには、迷惑をかけることになります。

他にも違反をしてしまった時にも所有者に連絡が行き、話も複雑になってしまいますので、変更した日から15日以内に手続きを行う必要があります。

必要書類を揃えて陸運局へ行きます。

ナンバープレートを外して返納しましょう。

返却が完了した時点で申し込み書の確認印が押されます。

そして申請しますが、軽自動車の場合には、普通自動車と違い手数料は必要ありません。

用意した申請書類を窓口へ提出します。

その跡に自動車税、軽自動車税の支払いを行います。

ここまでのすべての手続きが完了した時点で新ナンバープレートを受け取ることが可能になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

仕事帰りの時間でも対応いただき、國立様には感謝しております。 次の機会があればまたお願いしたいと思います。

自分では気づかない点もきっちり申告していただき、満足しています。

・申告までに思っていたよりも意外と時間がかかった。 ・相続税で心配していたことが少し解消した。 ・このあと、何かあった時に心強いと思った。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る