年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

現在では1人が一台自動車を所有しているという家庭も少なくないため、誰かが亡くなり相続が発生した場合に相続するものの中に自動車が含まれていることが多くなっています。

自動車を所有している人が亡くなった場合にはその自動車は相続人に権利が継承されることになります。そのままでも自動車を運転することはできますが、道路運送車両法によって相続によって自動車を継承した場合に外の人に権利を主張するために自動車の名義変更を行わなければいけません。名義変更方法にいくつかのパターンがありますので、違いを把握しておきましょう!

1.自動車の所有者が被相続人(亡くなった方)の場合の名義変更

(1)相続人が複数人の場合

相続人が複数いる場合には相続人全員で遺産分割協議(どうやって遺産を分割するかの話し合い)を行って、誰か一人が自動車を相続するか複数人で共同相続するのかを決めることになります。

しかし複数人での共同相続の場合、自動車に関するさまざまな手続きを行う際に名義人が全員で書類に記載・捺印が必要になってくるケースもありますので、自動車の相続の場合には、ほとんどのケースで一人が相続をすることになります。

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

遺産分割協議を行って自動車の相続人を決める場合、遺産分割協議書を作成して車名や型式、自動車登録番号、車台番号を記載して相続の対象となる自動車を特定することになります。

手続きの際にはすべての相続人の印鑑証明が必要になり、全員で遺産分割協議書に署名・押印を行わなければいけません。自動車の価格が100万円以下であり、一人が自動車を相続する場合には遺産分割協議書ではなく遺産分割協議成立申立書を提出して手続きすることができます。

この場合には自動車を相続する人だけが署名・押印すれば良いので他の相続人に印鑑証明などを取得してもらう必要がなくなりますのでスムーズに手続きを行うことができます。

(2)相続人が1人の場合

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

相続人が最初から一人しかいない場合には遺産分割協議は必要なく、全ての遺産がその人のものとなります。そのため自動車も相続人の名義に移転登録することになります。

(3)相続人以外に権利を継承させる場合

自動車を相続人ではなく、それ以外の人に継承させたいという場合、亡くなった人の名義から一度相続人の名義に移転登録をし、その後で自動車を相続させたい人の名義に移転登録をするという2つの手続きが必要になります。

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

直接相続人以外の人の名義に移転登録をするのではなく、まずは一度相続人の名義に移転登録を行わなければいけません。

(4)相続による自動車名義変更の申請

自動車を相続する場合には必要書類と申請書を運輸支局や自動車検査登録事務所に申請をします。

申請先は自動車を相続した人の管轄となりますので、管轄の地域が違う場合にはナンバープレートの変更を行わなければなりません。

その場合には書類だけではなく自動車を直接持ち込まなければいけません。相続で自動車の名義変更を行う場合には相続を開始してから15日以内に行うことになっています。

あまり時間がありませんので注意が必要です。自動車の名義人が変わると自動車検査証の記載も変更が生じますので自動車検査証記入申請も必要になってきます。手続きの際にはこれらの書類の他に以下の書類が必要になります。

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

2.所有者がローン会社や販売会社の場合

自動車を相続した時の手続き方法は?名義変更は必要?割賦で購入していた車はどうなるの?

自動車を購入する際に一括払いではなくローンを組んで購入した場合、自動車の所有者の欄は支払いが終わるまでは返済が滞った時に自動車を引き上げられるようにローン会社や販売会社の名義となっているのが一般的です。

自動車を購入した人は支払いが終わるまでは使用者という扱いになっています。この場合には自動車はローン会社や販売者の物という扱いになりますので、相続のための方法が違ってきます。

まずはローンの残債をすべて支払って「所有権の解除」を行う必要があります。

所有権の解除を行うと自動車の名義人は使用者になりますので、相続を行うことによって自動車を行った人の名義に変更して相続することができるようになります。

所有権の解除を行う場合には一括でのローン残債の返済が必要になりますので場合によっては多額の費用が必要になります。亡くなった人の財産があればそれで残債の支払いを行って所有権を解除するという方法もありますが、相続人が複数の場合にはそれについても話し合いを行う必要があります。

残っているローンの返済を一括で行うのが難しいという場合には使用者の変更という手続きを行うことになります。

この場合には自動車は変更した使用者が乗り続けることができますが、ローンの残債も継続していかなければいけません。そのため、ローン会社や販売会社とローンの残債の支払いをどうするのかを話し合いする必要があります。

まとめ

自動車の名義変更は、少し複雑ですので、わからなければ、プロに依頼してしまった方がよいでしょう。

関連性が高い記事

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]

相続後の運転免許の返却手続きについて

相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]

NHKの相続の名義変更について

NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る