年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税の税理士報酬・費用の相場は、価格ドットコムと同じ?

相続税の税理士報酬・費用の相場は、価格ドットコムと同じ?

1.遺産総額の1%が相続税の税理士報酬という相場は根拠なし!?

相続税の税理士報酬や費用というのは、あまり見慣れないものであり、初めて税理士から見積りを出された相続人は、驚くかもしれません。

税理士報酬は、平成14年から自由化されており、各会計事務所が自由に税理士報酬を設定することが可能となっています。

そして従来から、なんとなく、相続税の税理士費用を遺産の総額に一定の割合をかけて求める方法が広まっていたこともあり、「遺産総額の1%前後」が相続税の会計事務所へ支払う報酬の相場という風潮が広まりました。

2.現金1億円の人と、土地が1億円ある人の税理士報酬

遺産の総額に対して、一定の割合をかける方法で、税理士報酬を計算してしまいますと、ある問題が生じます。

例えば、現金1億円を持っていた人と、土地が複数あり合計で1億円持っていた人を比べますと、税理士事務所の作業は異なります。

現金だけが財産であれば、ただ相続税の申告書に「現金1億円」と記載すればよいので楽ですが、土地が複数あれば、路線価を調べ、現地調査を行い、専門的な評価をする作業が生じます。

それにも関わらず、1億円の総財産に1%をかけて、税理士報酬が共に100万円であったとすると、現金だけしか財産がない人から、税理士報酬をもらい過ぎていることになりますね。

このように、遺産総額に割合をかける税理士報酬の設定方法は、一定の問題があるため、最近では遺産総額に対する税理士報酬の増加は抑えながら、土地の数等の作業量が増加する部分に対して加算報酬を設定する税理士事務所もあります。

https://chester-tax.com/all.html(←相続税専門の税理士法人チェスターの報酬体系)

3.相続税の税理士報酬は、価格だけではなく、「質」も重要

例えば電化製品を購入する時に、価格を比較するサイトを閲覧することがありますね。

そこでは、価格の大小はもちろんですが、製品の詳細な情報や口コミ、販売店の実績等を見ながら、購入する製品と店舗を選ぶことになります。

相続税申告の仕事も同様です。

なにか目に見える物を購入するわけではないのですが、依頼する税理士の経験値や実績、専門性等をよく検討する必要があります。

これは医者に例えると分かりやすいです。

医者には外科、内科、耳鼻科と専門分野が分かれているように、税理士も法人税、所得税、消費税、相続税と専門分野が分かれています。

しかし、一般的な税理士のイメージとして、「税理士であれば、税金のことはなんでも詳しい」を思われている方も多くいます。

日本全国の税理士事務所の中で、相続税に詳しい税理士は、ごく僅かしかおらず、多くの税理士は法人税や所得税を専門に取り扱っており、相続税はほとんど経験がないという税理士が大半であることが実状です。

このため、相続税に強くない税理士に相続税の相談をするということは、「内科に行って、外科の手術をお願いするのと同じようなリスク」があるということを認識しておく必要があります。

このため、相続税申告を依頼する際には、その税理士事務所の報酬の大小だけではなく、専門性や実績面等を確認してから、決定することが大切です。

4.相続税の税理士報酬の後出しには注意が必要

「相続人の顔色や財産内容を伺いながら、最後の申告書提出段階で、それでは今回の税理士報酬を発表します」、というような後出しの税理士報酬提示が行われていたこともあるようですが、注意が必要です。

相続税の税理士報酬は、何十万円~何百万円もかかる高額なサービスに位置づけられます。

仕事を依頼して、最後の最後に思っていたよりも税理士費用が高かったということでトラブルになることも想定されます。

このため、必ず相続税申告をお願いする契約をする前に、税理士報酬の見積もりの説明を聞いて、いくらかかるのかを明確にしてお願いするようにしましょう。

そうすれば、一体税理士報酬はいくら位かかるのだろうと、不安にならなくてすみますし、安心して相談することができます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能

1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]

相続税申告に必要な資料収集方法

<身分関係> 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等 相続税申告書の添付書類として、又相続財産の名義変更の際に必ず必要となります。 転籍や婚姻などをされている場合、転籍前や婚姻前の本籍地所在地の市区町村で、除籍謄本や改製品原戸籍を取得しなけれ […]

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る