相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続の方法について

相続の方法について

相続の方法について

相続財産には、現金や不動産、預貯金といったプラスの財産となる資産だけでなく、住宅ローンや借金等のマイナス財産である負債も含まれ、負債が資産を超えてしまう場合には、相続人が借金等の債務を返済していかなければなりません。

こういった場合の為に、民法では三つの相続方法が存在します。

一つは、最も一般的な方法で、被相続人の財産の一切を継承する単純承認と呼ばれるもので、特別な手続きも必要なく、相続開始後三ヶ月以内に、特別な手続きを取らなかった場合、自動的に単純承認をしたと見なされます。

二つ目は、遺産よりも借金が多かった場合等に、全ての財産を放棄し、一切の相続しないという相続放棄と呼ばれるものです。

この場合、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出する必要があります。

三つ目は、資産と負債、どちらが多いのか分からない場合に有効な方法である限定承認と呼ばれるもので、相続で得た資産の範囲内で負債を返済するといった形式で、相続を承認する方法です。

こちらも、家庭裁判所に限定承認申述書を提出しなければなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

確認事項等、郵便(書面)でのやりとりでしたが、丁寧でわかりやすく助かりました。 最終的に返却された書類等も適切に整理されていました。

大変ご無理なお願いをしましたのに、スタッフ様は一生懸命にハワイ銀行と折衝等していただき、納税も期限内にすますことが出来、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

最初お願いする際に、わざわざ遠い所を家まで来て頂き、詳しい説明を受けられた事で、安心しておまかせすることが出来て良かったです。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る