相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人に未成年者がいる場合の相続手続き

相続人に未成年者がいる場合の相続手続き

未成年者が法律上の問題について判断を下す際には、親や後見人が「法定代理人」としてサポートしなければなりませんが、相続においては利益相反状態となるため、「特別代理人」を選任することになります。

遺産の分け方を話し合いで決める「遺産分割協議」は、相続人全員が参加し同意することが必要です。

ところが、未成年の相続人がいる場合は少々事情が変わってきます。

未成年の相続人は、遺産分割協議に参加することができないのです。

通常、未成年者が法律上の問題について判断を下す際には、親や後見人が「法定代理人」としてサポートしなければなりません。

ところがこの相続の場合、未成年者の親自身も未成年の子と同じ相続人という立場で、互いの利益が相反することがあります。

親は未成年者の相続人の代理人にはなれません。

したがって、このような場合は「特別代理人」を選任する必要があります。

具体的事例で特別代理人に関する手続きを解説

例えば、このようなケースを想定してみましょう。

夫が亡くなり、妻と3人の子供が残されました。

法定相続人は妻と3人の息子の4人です。

最初にお話ししたように、母親と三男は同じ相続人という立場であり、互いの利益が相反することから、母親が三男の法定代理人として遺産分割協議を行うことはできません。

なぜならば、母親が三男の代理人になった場合、「お母さんの言う通りにしなさい」と母親の都合の良いように遺産分割協議が進んでしまう恐れがあるからです。

そこで、相続に関係のない第三者を「特別代理人」に選任し、三男の代理人として遺産分割協議に参加してもらうことが必要になります。

この場合の特別代理人は、「相続権がないこと」が大前提で、それを満たしていれば親戚の人などでも構いません。

ただし、遺産分割協議は公平であることが望ましいですから、弁護士や税理士などに任せることが多くあります。

なお、特別代理人の選任手続きは、親権者が家庭裁判所で申請を行うことで可能になります。

もしも三男が間もなく20歳を迎えるということであれば、三男が成人してから遺産分割協議を行うという方法もあります。

また、上記の例では未成年の相続人は1人ですが、未成年の相続人が2 人以上いるケースでは、それぞれの特別代理人の選任が必要になります。

特別代理人を立てず、親が勝手に遺産分割協議を行えば、遺産分割協議自体が無効とされ,相続人である子は成人に達してから、その遺産分割協議を無効であると主張することができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

資料を集めるのは大変でしたが、こちらからの質問にもすぐ対応していただき、とても良かったと思います。

松島様、山口様には大変にお世話になりました。 思いかえせば夫亡きあと、何をすべきか…不安ばかりで眠れませんでした。 博全社を通じ、貴社を紹介して頂き、松島・山口さんとお会いした際ベテランの方?!をイメージしていましたので、若いお二人におどろきました。 […]

上記評価は税務調査が入らず、追徴課税が発生しないことが大前提です。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る