年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

被相続人が死亡して相続が開始すると、遺産分割協議が終わるまで被相続人の預金口座が凍結されてしまうことを知っていましたか?

口座が凍結されてしまうと、引き出しも入金もできなくなってしまうため様々な問題がでてきます。

口座が凍結してしまう前にどのような対策をとれば良いのでしょう?

今回の記事を読んでっしっかりと対策しておきましょう。

1.相続発生時に口座から預金を引き出しできない!?

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

被相続人が亡くなり相続が始まると、遺産分割協議が終わるまで故人の預金口座が凍結されてしまいます。預金口座が凍結するということは、お金を引き出すことも入金することも一切できなくなってしまうため、電話代や電気料金などの口座振替はもちろんのこと、一家の預金をすべて故人の口座にまとめている場合などには、生活費が支払えなくなり、非常に困ったことになってしまいます。

さらに困難なことに、ローンがあった場合には、ローンの返済が滞ってしまい、遺産分割協議が終わり、口座の凍結が解除されるまでの間、本来の利息よりも高い利息を支払わなければならない、なんてことにもなりかねません。

※葬式代や、医療機関の入院費などの多額の支払いが必要になった場合など、どうしても凍結された口座からお金を引き下ろしたい場合には、払い出しに応じてもらえるケースもあるようです。しかし、その場合には多くの書類や証明書を用意しなければならず、とても大変です。

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

 2.遺産分割協議書が完成するまでにやっておきたいこと

口座の凍結を解除するためにも、いち早く遺産分割協議を成立させたいところですが、この遺産分割協議、残された財産が現金だけでなく、簡単に分けることができない不動産などが財産に含まれるケースがほとんどのため、なかなか揉めてしまって協議が長引いてしまうことがよくあるようです。場合によっては一年以上かかることもあるんです。

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

そこで、遺産分割協議書が完成するまでは、「銀行指定の同意書」を提出すれば、引き出しが可能になります。この「銀行指定の同意書」には相続人全員が故人の預金引き出しに同意し、全員の署名・実印による捺印が必要になりますが、誰が一旦預金を受け取るかが決まれば、口座の凍結を解除することができます。この手続きに必要な書類は各金融機関により異なりますので、金融機関に問い合わせてみましょう。

 3.口座凍結しても問題が発生しないように生前にやっておきたいこと

(1)生命保険に加入する

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

生命保険の死亡保険金は、相続税の課税対象ですが、遺産分割協議で誰が受け取るのかを決める必要はありません。保険金の受取人が手続きを行えば、保険金を受け取ることができます。

また、生命保険に加入することのメリットとして、「法定相続人の数×500万円」が非課税となり、受け取る保険金がこの非課税枠内の金額であれば、その現金には相続税が課されることなく、全額を受け取ることができるのです。

生命保険を活用すれば、当面の間、生活費を気にすることもないですし、相続税の節税対策にもとても有効なのでオススメです。

生命保険で相続税が節税できる?効果的な保険の入り方とは?

 (2)早めに普通預金から引き出しておく

定期預金を解除するには、原則的に本人確認が必要になります。まさかの事態を考えて、一定の預金を引き出しておいたり、いくつかの口座に預金を分けておくのも生きているうちにできることです。

 4.金融機関はどうやって死亡の事実を知ることができるの?

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

金融機関は死亡の事実を取引先などから聞いたり、新聞の訃報欄などによって把握しています。市町村役場に死亡届を提出すれば金融機関に死亡事実が伝わるわけではなく、相続人の申し出がなくても口座は凍結されるので注意が必要です。その一方で、場合によっては金融機関が名義人の死亡事実を知らず、口座が凍結されないままのケースも多くあるようです。

 5.そもそもなぜ預金が凍結されるの?

それは銀行が相続発生時のトラブルに巻き込まれるのを防ぐためです。故人の預金は、亡くなったその時点で相続財産となり、相続人の共同所有となります。万が一、銀行が預金を凍結しなかったために、相続人の誰かに勝手に預金を引き出されてしまった、などのトラブルがあった場合、後にその責任を問われる危険があるため、相続発生後に口座を凍結しているのです。

 6.どうすれば口座の凍結は解除できるの?

気づいたときにはもう遅い!?相続発生時に口座が凍結するコワイ話

(1)遺言書があるケース

公正証書遺言書があり、預金を受取人と遺言執行者が決められている場合には、被相続人と遺言執行者関係の書類が揃えば、比較的簡単に凍結解除をすることができます。

【手続きに必要な書類】

・遺言書

・遺言者の除籍謄本

・遺言執行者の印鑑証明書

・遺言執行者の実印を押印した払戻依頼書

手続きに必要な書類は、各金融機関により異なりますので、問い合わせてみましょう。

遺言書がある場合でも、相続人全員の同意書が必要になる場合もあるようです。

 (2)遺言書がないケース

遺産分割協議を行い、相続人全員が財産分割に同意する必要があります。「相続人全員」でなければならないため、協議が相続争いに発展した場合や、相続人の中に行方不明者がいる場合などは、口座の凍結解除をすることはできません。

【手続きに必要な書類】

・被相続人の、生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本(除籍・改正原戸籍)

・相続人全員の戸籍謄本

・相続人全員の印鑑証明書

・相続人全員の実印が押印された銀行所定の用紙(相続届)

まとめ

今回の記事を読んで、口座凍結しても問題が発生しないように対策を前もってしておいて頂ければ幸いです。

関連性が高い記事

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]

相続後の運転免許の返却手続きについて

相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]

NHKの相続の名義変更について

NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る