相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

生命保険は遺産分割の対象外

生命保険は遺産分割の対象外

生命保険の保険金は相続財産とは離脱して取り扱われます。

生命保険をうまく利用することで、相続をスムーズに進めることも可能になります。

相続の対象財産を考える場合に問題になるのが生命保険です。

正確には相続に関係するのは、保険金という現金では無く「生命保険金請求権」です。

この段階ではまだ保険金を請求できる権利であって現金化されていないからです。

生命保険金請求権については、受取人としてあるAさんを指定した場合、同請求権は、保険契約の効力発生と同時にAさんの固有財産となり、被保険者の遺産より離脱しているものとされます。

したがって、生命保険金は、Aさんのみが取得することとなります。

それがどうしたの?と、素通りしてしまいそうな話ですが、実は相続財産とは離脱しているというところが、ポイントです。

実際の事例で説明をすすめましょう。

Aさんには法定相続人としてB、C、Dの3人の息子がいます。

Aさんには3,000万円の銀行預金があります。

もし、このままAさんが亡くなった時にはB、C、Dそれぞれの息子はどれだけの遺産を相続するでしょうか。

答えは簡単ですね。

B、C、Dそれぞれが1,000万円ずつAさんの預金を相続することになります。

では、ここで生命保険を使ってみましょう。

Aさんの3人の息子のうち、特にC、Dは既に家を出てしまったが、Bは家業を継ぎAさんの老後の面倒も看てくれています。

Aさんが病気を患ってからは特に熱心に介護してくれているので、特別にAさんには財産を他の息子よりもたくさん残してやりたいと考えています。

そこで、Aさんは銀行預金3,000万円のうち、2,400万円をBさんが保険金受取人になるような、一時払い終身保険としました。

そうすると、相続により分割されるAさんの遺産は600万円のみで、2,400万円は保険金請求権という形でBのものとなります。

こうすることにより、遺言が無くとも法定相続分と異なった遺産分割が可能となります。

さらに、法定相続で遺産を受け取ることができるのは法定相続人に限られています。

保険金受取人を法定相続人以外とすることで、法定相続人以外に財産を残すことも可能となります。

例えば、長男の嫁は法定相続人にはなれません。

もっとも、養子縁組みするという手段も可能ですがここではそれは考えません。

介護など特別世話になったので財産を残してやりたいと思っても、法定相続分はゼロです。

そういうケースで保険金請求権を利用する価値があります。

さらに、相続財産から分離されるメリットをもう一つ紹介しておきます。

遺産分割には長い時間と労力がかかります。

遺産は相続人全員の共有財産となりますので、相続人のひとりが勝手にそれを処分することはできないのです。

銀行預金であれば、遺産分割協議書が整うまで、銀行は払い出しに応じません。

何千万円もの遺産を受け取る権利がありながら、じっと指をくわえて預金通帳を眺めるだけという期間が何カ月も続くこともあります。

それだけなら、まだよいのですが、お金が必要なのに、どうにもできないということもあります。

生命保険であれば、遺産分割協議とは全く関係なく、受取人が保険金を受け取ることができます。

 

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る