相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

中小企業自社株の評価はどのように算出するのか

自社株ってどうやって評価する?

上場株式でしたら、証券取引所等で流通しているため、現在の市場価格(株価)がすぐにわかるので、簡単に評価額を算出することができますが、中小企業のように市場価格がない会社の株式は自分で評価額を算出する必要があります。相続対策における評価は、国税庁で定める財産評価基本通達に基いて算出することとなります。

財産評価基本通達では、類似する上場会社の株価に比準して算出する方法(類似業種比準価額方式)と会社の貸借対照表の純資産に着目して算出する方法(純資産価額方式)の2つの評価方法が規定されています。

1. 類似業種比準価額方式

類似業種比準価額方式は、会社の配当、利益、純資産の3つの要素を上場会社のそれと比準して算出します。

2. 純資産価額方式

純資産価額方式は、毎年作成している貸借対照表の資産から負債を控除して算出します。ここで、純資産価額方式は簡単だと思われた方もいるかもしれませんが、専門家からすると上記1の類似業種比準価額方式の方が簡単です。

なぜかというと純資産価額方式は単純に毎年作成している貸借対照表の資産と負債の金額を使うわけではなく、その資産、負債を評価時点の時価に評価し直さないといけないため結構大変なのです。

特に、土地については、貸借対照表の価額と時価が乖離しているケースが多いので注意しましょう。具体的には下記の算式で純資産価額を計算します。

総資産(相続税評価額)-負債(相続税評価額)-評価差額に対する法人税等相当額※

※ 評価差額に対する法人税等相当額
(相続税評価額による純資産価額-帳簿価額による純資産価額)×42%

上記2つの方法により算出した評価額を会社規模によって、組み合わせて非上場株式の評価額を算出します。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は、お忙しい中、大変お世話になりました。 相続税等に関し、何もわからず心配していた私たちに対し、丁寧かつ納得出来る説明をして頂き、 とても安心感が得られ、ありがたかったです。 また、多くの資料の中、細部まで気を配って頂き、思いもつかない数々の点 […]

期限がせまっているにもかかわらず、快くスムーズな対応をして頂き安心できました。

不足資料、わかりにくい資料が多くあるため大変だったと思います。親切に作業していただきありがとうございました。大変満足しております。また、何か有りました時は、宜しくお願い致します。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る