相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

中小企業自社株の評価はどのように算出するのか

自社株ってどうやって評価する?

上場株式でしたら、証券取引所等で流通しているため、現在の市場価格(株価)がすぐにわかるので、簡単に評価額を算出することができますが、中小企業のように市場価格がない会社の株式は自分で評価額を算出する必要があります。相続対策における評価は、国税庁で定める財産評価基本通達に基いて算出することとなります。

財産評価基本通達では、類似する上場会社の株価に比準して算出する方法(類似業種比準価額方式)と会社の貸借対照表の純資産に着目して算出する方法(純資産価額方式)の2つの評価方法が規定されています。

1. 類似業種比準価額方式

類似業種比準価額方式は、会社の配当、利益、純資産の3つの要素を上場会社のそれと比準して算出します。

2. 純資産価額方式

純資産価額方式は、毎年作成している貸借対照表の資産から負債を控除して算出します。ここで、純資産価額方式は簡単だと思われた方もいるかもしれませんが、専門家からすると上記1の類似業種比準価額方式の方が簡単です。

なぜかというと純資産価額方式は単純に毎年作成している貸借対照表の資産と負債の金額を使うわけではなく、その資産、負債を評価時点の時価に評価し直さないといけないため結構大変なのです。

特に、土地については、貸借対照表の価額と時価が乖離しているケースが多いので注意しましょう。具体的には下記の算式で純資産価額を計算します。

総資産(相続税評価額)-負債(相続税評価額)-評価差額に対する法人税等相当額※

※ 評価差額に対する法人税等相当額
(相続税評価額による純資産価額-帳簿価額による純資産価額)×42%

上記2つの方法により算出した評価額を会社規模によって、組み合わせて非上場株式の評価額を算出します。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る