相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

自社株の保有株数を減らす相続税対策とは

自社株の持株数を減らすポイント!

自社株の保有株数を減らす方法は、下記のようなものが考えられます。

保有株式を減らすということは所有権の移転を意味しますので、その時には基本的に税金(贈与税や譲渡所得税)が生じます。将来かかる相続税と贈与税、所得税を比較しながら、戦略的に保有株式数を減らしましょう。

(1)生前贈与

相続対策では一番一般的な方法です。後継者に計画的に贈与することにより、保有株式数を減らすと共に、経営権をスムーズに承継します。

(2)株式譲渡

譲渡については贈与と異なり、対価が必要となりますので、譲渡先に購入資金がないと実現しません。したがって、相続対策ではあまり一般的ではないですが、従業員持株会に対する譲渡のように配当還元方式にて譲渡できる場合には、譲渡先の購入資金の心配がそこまで必要でないため活用されるケースもあります。

(3)従業員持株会の活用

従業員持株会にオーナーの保有株式を譲渡することにより、オーナー自身の保有株式数を減らす方法です。

(4)投資育成会社の活用

投資育成会社(正式には、『中小企業投資育成株式会社』といいます)とは、中小企業の自己資本の充実を促進し、その健全な成長発展を図るため、中小企業に対する投資等の事業を行うことを目的とし、設立されました。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る