相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続手続きで必要な『戸籍一式』『遺産分割協議書』『印鑑登録証明書』

ほぼ全ての相続手続きで必要となる書類関係は共通しています。

各用語の種類について解説

まず、「戸籍一式」です。
亡くなった方(被相続人)の財産を取得する権利を有する相続人を確定させるために必要となる書類です。まず、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍が必要となります。また、被相続人の住民票の除票や相続人の戸籍謄本、住民票等も必要になります。

次に、「遺産分割協議書」
こちらで、上記の「戸籍一式」で確定させた相続人の中で相続財産をどのように分けたかを証明します。分割協議書で取得することが決まっている相続人がその財産の名義人に新たになることができます。

最後に、「印鑑登録証明書」です。
2つ目で説明した「遺産分割協議書」には相続人本人による自署と押印が必要となりますが、この押印は必ず実印である必要があります。その実印が間違いなく本人のものであることを証明するためにこの書類が必要となります。

以上の3点セットがあれば、たいていの相続手続きは可能です。
通常は還付請求を行えば原本は返却していただけますので、1セット作り、持ち回して使用すれば足りるでしょう。

「戸籍一式」の収集方法

被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍の集め方ですが、まず、死亡時点(現在)の戸籍謄本(除籍謄本)を現在の本籍地を管轄する役所で取得します。その戸籍に「どこの戸籍から移ってきたか」という情報の記載がありますのでその手がかりに基づき、出生まで順々に遡っていくことになります。
管轄する役所を動いていなければひとつの役所での請求手続きで済みますが、転籍等を繰り返しておられる方の場合、複数の役所への申請手続きが必要となります。遠方であれば、時間はかかりますが、郵送での請求も可能です。
また、昔の戸籍は転籍日や名前の漢字等、その記載内容に誤りがある場合も少なくありません。
明らかな誤りがある場合には役所に言って、正しいものに訂正してもらいましょう。

印鑑登録証明証や戸籍一式の有効期限について

よく、三ヶ月を過ぎると印鑑証明や戸籍が法的に無効になると勘違いしておられる方がいますが、そんなことはありません。
相続税申告書に添付するものや、相続登記に使用するものは、相続開始後に取得したものであれば3か月を経過したものでも問題ありません。
但し、金融機関で使用するものについては3か月以内と言う決まりがあるようです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の支払いは初めての事だったので、分からない事ばかりでした。 とても親切に対応して下さり、助かりました。兄妹での大きなトラブルもなく無事に相続を終える事が出来、本当に良かったです。

両親が生前に資産を整理していない状態のまま亡くなってしまいましたが、準備すべき事項を教示いただき、資産を洗い出すことができました。Eメールのやり取りで手続きをすすめることができ助かりました。税申告に関してきちんと助言をいただけました。 不動産の相続に […]

スムーズな対応に感謝します。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る