年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続に関わる注意点!未成年者はどうなるの?

相続に関わる注意点!未成年者はどうなるの?

未成年者が相続人になる場合も少なくありません。

では、未成年者が相続人になった場合どのような注意点があるのでしょうか?

今回は、相続における未成年者の注意点をご紹介していきます。

1.未成年者は法律行為ができません

・法律行為ってなに?

相続に関わる注意点!未成年者はどうなるの?

法律行為とは、法律の効果を生じさせることを目的にした行為のことで、個人の意思によって権利が行使されます。売買をはじめ、贈与や遺産の分割など、相続に関わる行為も法律行為の1つです。未成年者には大人と同様の判断力がないとされているため、自信の意思で法律行為を行ったとしても、後で取り消すことができるようになっています。これは、未成年者が法律に守られているといえる一方、法律の上では大人と対等な立場に立てないことを示しています。

・未成年者が法律行為を行うために

相続に関わる注意点!未成年者はどうなるの?

未成年者が法律行為を行う場合、法定代理人の同意を得る必要があります。一般的には親に当たる人物が法定代理人で、その同意を得ることで法律行為が有効なものと認められます。携帯電話をはじめとする契約の場面で、親の同意が必要なのはこのためです。

2.相続における代理人について

・法定代理人を代理に立てない方がいい?

場合によっては、法定代理人を立てることが適当でない場合があります。

遺産分割協議を通して財産を得たり、相続を放棄して遺産を自分のものとしなかったりするのも法律行為です。これにも個人の意思が関係するため、未成年者は自身のみで決定することができません。未成年者の意思表示を正しく汲み取れる代理人を立てる必要があるでしょう。

・なぜ、法定代理人ではいけないの?

一般的に、未成年者の法定代理人は親になります。その場合、法定代理人も未成年者と同じく遺産を相続する権利があることでしょう。このような状況では、法定代理人が必ずしも正しい判断ができるとは限りません。正しく相続をするためにも、その場に適した代理人が必要となります。

・具体的な例

たとえば、父親が亡くなってしまったとしましょう。その場合、残された家族は「母親」と「子供(未成年者)」となります。

相続に関わる注意点!未成年者はどうなるの?

このような状況では、残された両者とも遺産相続の権利を持っています。母親が代理人となってしまえば、本来は法律通りに息子と分ける遺産を、好きにできてしまうのです。必ずしもそうなるとは限りませんが、母親がすべての遺産を手に入れるために、遺産分割協議書を作成することが可能になります。ここで、未成年者である子供は、法律行為ができないため自分の意思は反映させることができません。

未成年者を守るためにある法定代理人制度が、逆に制限をかけてしまう結果となってしまいます。そのため、相続における代理人には「特別代理人」という親でない法定代理人が立てられます。これにより、未成年者の意思を尊重し、利益を保護した上で有効な法律行為が可能となります。

3.特別代理人って?

家庭裁判所に申し立てをすることで選任されるのが特別代理人です。

上記2の「2.相続における代理人について」で出した例では、母親と子供の間で遺産を分割することになり、利益が相反します。この場合、母親は家庭裁判所に申し立てをし、子供のために特別代理人を選任させねばなりません。

申し立てについて一連の手続きを記したのが、以下の(1)~(4)です。

(※『利益相反』一方のみが利益を得て、もう一方に不利益を与える行為)

(1)申立人

親などの親権者もしくは利害関係人

(2)申立先

子供の住所地を管轄にしている家庭裁判所

(3)必要費用

収入印紙800円分(子供一人につき)

返信用の郵便切手

(4)必要書類

子供(未成年者)の戸籍謄本

親権者(親など)の戸籍謄本

※戸籍謄本は全部事項証明書の必要あり

特別代理人候補者の住民票or戸籍附票

利益相反の関係資料

特別代理人の申し立てには候補者を申立書に記載しますが、必要な資格はなく誰でも特別代理人になることが可能です。また、未成年者の利益を守るために選任されるということを考えなければなりません。相続人と利害関係がなく、第三者の視点に立てる方が選ばれるのが一般的です。「(4)必要書籍」にある利益相反の関係資料とは、遺産分割協議書(遺産分割の場合)の案です。未成年者が不利益を被らないために、提出が必要とされています。

4.未成年者が相続放棄をする場合

相続放棄とは、相続人がその権利を放棄することをいいます。相続放棄の手続きを行った場合、その相続に関わる一切で最初から相続人でなかったという扱いになります。

未成年者が相続人の場合、自分の意思のみでは相続放棄もできないため、代理人が手続きを行います。法定代理人とされる親は子供と利益相反の関係が成り立つため、特別代理人が手続きをすることになるでしょう。ただし、親子が同時に相続放棄をする場合や親が放棄した後に子供も相続放棄する場合など、利益相反にならない特別な状況では法定代理人が手続き可能です。

5.未成年者控除

遺産相続するには相続税という税金がかかります。その計算においても未成年者は保護がされています。未成年者控除という規定があり、適用することで税金が下がるのです。この控除の考え方として、「未成年者が遺産相続人の場合、20歳までの養育費は遺産から支払うべき」となっています。そのため、次の計算式による相続税の減額が行われます。

相続に関わる注意点!未成年者はどうなるの?

まとめ

相続人に未成年者がいる場合には、今回の記事をぜひ参考にしてみてください。

皆さまのお役に立てば幸いです。

関連性が高い記事

固定資産税の支払名義変更法

固定資産税の支払名義変更法 固定資産税の支払名義変更法として、固定資産税の納税義務者は、法務局に登記されている所有権者と同一になります。 そのため所有者が変更にならないと納税義務者変更が不可能になります。 毎年の年初め1月1日の所有権者が納税義務者に […]

相続後の運転免許の返却手続きについて

相続後の運転免許の返却手続きについて 相続が発生した後は、様々な公的な手続きを行う必要があります。 相続後の手続きとして、相続税のご申告や不動産の移転登記(相続登記)の手続きなどは比較的意識されやすく、多くの方が故人を悼む時間が過ぎた後、速やかに行わ […]

NHKの相続の名義変更について

NHKの名義変更手続きの方法 NHK受信契約の名義変更手続きは比較的簡単です。 方法は大きく2つあり、1つは、NHKのフリーダイヤルに電話をして契約者死亡の事実を知らせるというものです。 もう1つは、インターネットからの変更です。 NHKホームページ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る