年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

結婚をしていない男女の間の非嫡出子の相続についてご存じですか?

非嫡出子の相続時に発生する問題とはどのようなものがあるのでしょう。

相続する際の、認知の方法や相続分がどれくらいあるのかをご説明しています。

1.非嫡出子が相続をするためには認知が必要

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?
結婚していない男女間に産まれた子供である非嫡出子の相続の権利は、認知がなされているかどうかによって変わります。簡潔に言えば、認知がなされていれば相続権があり、認知されていなければ相続ができないということです。

認知とは、「この子は自分の子である」という法的な認識のことで、男性が行うものです。

戸籍に父親の名前を入れる手続きと考えてもらってもいいかもしれません。母親は、子供がお腹から直接産まれてくるため、戸籍に記される名前も間違いようがありませんが、父親の場合は確定できない可能性があるため、認知の手続きが必要になる場合があります。

通常女性が子を産んだとき、その子は嫡出子(ちゃくしゅつし)として、戸籍に父母の名前が記載されますが、結婚をしていなかった場合、その子は「結婚していない男女の間に産まれた子供」すなわち非嫡出子(ひちゃくしゅつし)となり、戸籍には母親の名前のみが記載されます。

父親が認知しない限り、その子は戸籍上の父親の欄が空欄となったままとなります。

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

2.認知(にんち)の行い方

父親が認知を行うためには、届出人の印鑑と身分証明書を用意した上で、認知届を子供の本籍地または住所地の市役所に提出する必要があります。本籍地に提出する場合は、さらに父・子両者の戸籍謄本も必要となります。

認知を行うとき、例え父親が未成年であっても、保護者の同意を得る必要はありません。未成年の結婚の場合は親の同意が必要ですが、子供を認知するだけならば親に確認をする法的義務はありません。ただし、当然ですが、子供を産んだ母親本人の同意は必要です。

3.認知の種類

認知の方法には、任意認知・裁判認知・遺言認知の3つの選択肢があります。

(1)任意認知とは?

任意認知とは、単純に父親が子を自分の子供であると認めることです。

(2)裁判認知とは?

裁判認知とは、文字通り裁判を通して認知を行うことです。裁判認知は、父親側に認知をさせることが目的な法的裁判です。個人で行えるようなものではないので、裁判認知を望む場合にはしっかりと、弁護士との相談が必要となります。

(3)遺言認知とは?

遺言認知は、遺言によって子供を認知することです。その法的手続きは、遺言執行者が10日以内に行うこととなっています。この遺言認知は、生前は本妻とモメる可能性があるために認知していなかった愛人の子を、モメることのない死後に認知するという形態です。

4.認知された非嫡出子の相続上の権利

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

認知された非嫡出の相続人の権利は、嫡出子と同一となり、第-順位という形で扱われます。

相続一郎さんに、配偶者と実子がいた場合の第一順位は、実子と認知された非摘出子ということになります。

相続一郎さんに配偶者はおらず(独身)で、税制花子さんと内縁関係だった場合は、認知された非摘出子が第一順位となります。

そもそも相続において、最も高い優先権を持っているのは、常に配偶者となります。妻が死んだなら夫、夫が死んだなら妻が、必ず相続人となります。もちろんこれは、戸籍上でしっかりと入籍している場合に限ります。内縁の関係や、離婚した夫婦は相続人とはなりません。

つまり、被相続人に配偶者がいる場合には、遺産は必ずその配偶者とそれ以外の相続人で分けることになるのですが、その、配偶者以降の親族の中で、最も優先権が高い相続人候補のことを第一順位といいます。第一順位として扱われるのは、被相続人の直系卑属、すなわち直接の子供(認知された非嫡出子を含む)や孫などです。ただし、孫が相続人となるのは、子供、つまりは孫にとっての親が死亡している場合に限られます。この孫への相続のことを、代襲相続といいます。

第二順位として扱われるのは、親や祖父母などを含めた直系尊属です。第二順位の方は、第一順位に該当する相続人候補がいなかった場合にのみ、相続人となることができます。

第一順位・第二順位ともに該当者がいなかった場合、第三順位の方が相続人として選ばれます。第三順位には、死亡した方の兄弟姉妹が該当しますが、もし兄弟姉妹の全員が亡くなっていた場合、その子供たち、つまりは非相続人の甥っ子・姪っ子までが代襲相続として相続人となります。ですが、第三順位の代襲相続で認められているのは甥っ子・姪っ子までであり、そこから下の子たちが相続人となることはありません。

また、そもそも親からの借金を受け取らないためなどの理由で、あらかじめ相続放棄をした方は相続人となることはありません。

相続人について、詳しく確認しておきたい方は、下記サイトをご確認ください。

相続人は誰?相続する順位をくわしく解説!これを見れば、誰でも相続人が誰になるかがわかります。

5.非嫡出子が持つ相続分(そうぞくぶん)

嫡出子と非嫡出子の相続上の権利は同一であるということは、順位が同じというだけの話ではありません。

相続できる金額に関しても、両者の権利は同一です。

遺産の分配は、相続人がどの順位にいるか、及び配偶者がいるかどうかで変わります。

被相続人に配偶者のみがいて、第1から第3順位までに該当する相続人候補がいなかった場合、遺産は全て配偶者のものとなります。

第1順位の方、及び配偶者がいるパターンの場合は、半分が配偶者のものに、もう半分が第1順位の方のものとなります。

配偶者と第2順位の方がいる場合は、3分の2が配偶者に、配偶者と第3順位の方の場合には4分の3が配偶者のものとなります。

同一順位内に複数の該当者がいる場合は、その中で更に等分に分配されることになります。

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

第1順位内においては、嫡出子と非嫡出子が混在していることも考えられますが、非嫡出子は認知されてさえいれば、前述したように、相続する額に嫡出子との差はありません。

必ず同額分の遺産が相続されます。

相続分についての詳細は、下記サイトでご確認を!

あなたはいくら貰える?知っておくべき遺産の相続分8つのポイント

平成25年の9月4日まで(法改正前まで)は、非嫡出子と相続できる額は嫡出子の2分の1でしたが、それ以降に発生した相続においては、嫡出子と非嫡出子の相続する額は、認知がなされている限りは完全に同一となっています。数字の例は、下記の図でご確認ください。

結婚していない男女の間の子供(非嫡出子)も、相続ができるのか?

まとめ

非摘出子が相続の権利を得るためには、「認知」が必要です。「認知」するかしないかにより、色々なことが変わります。「認知」をするということは、戸籍上の表記以外にも変わることがあるということを覚えておきましょう。

関連性が高い記事

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

姻族関係終了届とは

姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]

代襲相続と法定相続人の人数

1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る