相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続放棄している人が葬式費用を負担したら、債務控除が適用される?

被相続人に負債がある場合、被相続人のプラスの財産から負債等のマイナスの財産を引くことで相続税の課税価額を算出します。これを債務控除と言います。

債務控除の対象となるマイナスの財産には、被相続人の負債等以外にも葬式費用も控除されます。もし、相続放棄をした人が葬式費用を負担している場合には、債務控除は適用されるのでしょうか?

相続放棄と債務控除の関係についてご紹介します。

1.相続放棄と債務控除

相続放棄している人が葬式費用を負担したら、債務控除が適用される?

債務控除は相続税の課税価格を算出する際に、被相続人に負債がある場合、プラスの財産から負債等のマイナスの財産を控除することを言います。

相続放棄とは相続に関する権利を放棄することを言います。放棄した相続に関しては一切関係なくなるわけですから、プラスの財産もマイナスの財産も存在しません。

つまり、相続放棄をした相続人の場合には、債務控除とは無関係ということになります。

2.相続放棄した人が葬式費用を負担した場合には

債務控除の対象は債務だけではなく、葬式費用も含まれます。

相続放棄している人は債務控除も関係ないとご説明しましたが、もし、相続放棄している人が葬式費用を支払った場合、状況によっては債務控除の対象となります。

3.相続放棄した人が遺贈により財産を取得した場合

相続放棄を行っていても、遺贈放棄をしていない場合は、遺言書に記載されている財産は取得することになります。当然、遺贈により取得した財産には相続税が発生します。

相続放棄している人が葬式費用を負担したら、債務控除が適用される?

もし、相続放棄した人が葬式費用を負担し、遺贈により財産を取得した場合には、相続税を計算する際に、遺贈により取得した財産から葬式費用を差し引くことが可能です。

しかし、葬式費用以外の債務に関しては相続放棄を行っているため、遺贈により取得した財産から控除することは出来ません。

まとめ

相続放棄をしている人が遺贈等により財産を取得している場合には、葬式費用については債務控除が認められています。もし、相続放棄した人で遺贈により財産を取得した場合には、葬式費用であれば債務控除は可能となりますので覚えておいてください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)電話で初めてコンタクトをとった時、場所に迷った時、いずれも対応が丁寧で好感がもてた。 (2)初回面談時から最後まで信頼できる対応(御社、当方いずれの場合の対面、電話の場合の質問等)     夜間営業は大変よい、納付期限が切迫していたなか対応して […]

たいへん良くやってくださいました。 ありがとうございました。

電話、メールでの対応が、きめ細く満足でした。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る