相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続財産法人と財産分与について

相続財産法人と財産分与について

通常、人が亡くなると、その人の持っていた財産は相続人に引き継がれるのですが、非相続人に相続人もいなく、遺言もないと言う場合、その財産を相続する人がいなくなってしまいます。

そういった財産分与ができなくなってしまった場合、民法にはその財産を「相続財産法人」とするという規定があります。

そして、被相続人の利害関係者や検察所が家庭裁判所に訴えを起こすと、家庭裁判所がその相続財産法人を管理する人物を選任します。

では、一般的にはその相続財産法人を管理する人と言うのはどういった人が選任されるのでしょうか。

多くは家庭裁判所が認める特別縁故人という人物が相続財産法人の管理者として選ばれることになります。

特別縁故人と言うのは、生前被相続者を世話した人など、特に血縁がなくても被相続者と関係の深かった人物のことです。

その後、どうしても相続する人物が現れない場合は、その被相続人の財産は国庫に帰属する事になるというふうに法律で定められています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

こちらからの質問に対しても迅速、かつ、ていねいな対応をしていただいたので。

導筋を立ててスケジュールに沿って行動することができたのは、事前説明をしっかりしていただいたこと、 スピード感のある対応、丁寧な対応があったからだと感じています。

相続終了まで詳細に教えて頂き助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る