相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

資力喪失の場合における債務弁済

資力喪失の場合における債務弁済

ここでは、資力喪失における債務弁済についてご紹介します。

債務者の資力が喪失され、弁済の能力がないと判断された場合、その資産の譲渡については課税が免除される事になります。

まず、資力を喪失し、債務を弁済する事が著しく困難であると見なされた場合に、競売などの強制的な換価手続きを経た資産を譲渡する場合、その譲渡には課税されないという事が所得税法において定められています。

次に挙げられる例としては、譲渡の直前の時点で債務(消極財産)が積極財産を超過していたり、競売などの強制的効力のある手段を免れる事ができない場合、その資産を譲渡するための代金が債務の返済にすでに充てられているという場合、債務を弁済する事が著しく困難であると判断されればその譲渡には税は課税されません。

上記のような場合は、

1.当該譲渡が本人の希望するものでなく、強制的な譲渡であること
2.譲渡によって得た金銭は全て債務の返済に充てられてしまい、譲渡者が利益を得ない事
3.課税しても回収が難しい事

といった理由から税を免除するというふうに定められています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

(1)訪問時、TELでの対応等大変親切に説明頂き満足です。 (2)初回訪問時に具体的な費用=金額を提示され、安心して委任できました。 (3)初めての“相続”の経験をしましたが、終始安心して終了して頂き感謝します。

電話、メールによる連絡など、丁ねいに対応頂きました。 土地に関わることと、兄弟での分割など、面倒なことも対応頂きました。 分割時に土地の登記費用を忘れていたのが、計算外でしたがそれ以外は満足いく結果となりました。

チェスターさんに伺う前に、地域の税理士相談会や、近所の税理士事務所を訪れておりますが、もともと計算が苦手な私はそこでますます苦手意識を増大させられ、げんなりしておりました。かといってそこで挫折するわけにもいかず、気持ちを切り替えネット検索をかけました […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る