相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続順位と相続割合について

相続順位と相続割合について

相続順位と相続割合について

被相続人が死亡したことにより相続が発生するわけですが、被相続人の財産は法定相続人の間で分配されることになります。

法定相続人間でも立場が同じわけではなく、相続順位が決められています。

配偶者は常に法定相続人になり、相続順位の一位が子供になります。子供が亡くなっていた場合はその子供、被相続人からみて孫が相続人になり、ひ孫、玄孫と引き継がれます。

第二順位が直系尊属である父母、祖父、曽祖父、第三順位が兄弟姉妹となります。兄弟姉妹が死亡している場合はその子供、被相続人から見て甥や姪までは相続することが出来ますが、甥や姪の子供に引き継がれることはなく打ち切られます。

相続割合ですが、相続人が誰かによってその割合も変わってきます。

配偶者と子供が相続人の場合は半分ずつ割り当て、子供が複数いた場合はさらに人数で分けます。子供が2人いた場合は半分の半分なので財産の1/4が子供一人当たりの相続割合になります。

配偶者と直系尊属の場合、配偶者2/3、直系尊属1/3で、両親一人当たりは1/3の半分なので1/6になります。

配偶者と兄弟姉妹の場合、配偶者3/4、兄弟姉妹1/4で人数で割ったものが相続割合となります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る