相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

裁判確定前の相続分

裁判確定前の相続分

相続の際、その財産を誰が相続するかということで裁判沙汰になってしまうことも少なくありません。

その財産が不動産などで、家賃収入などの利益が生まれる場合、利益の発生は裁判の終わりを待ってくれるわけではありません。

では、そのような場合、最終的に裁判確定後、その財産を相続する人がもともと相続するはずであったそれまでの利益を遡って請求することができるのでしょうか?このようなケースの判定が過去にありましたが、その判決では裁判確定前の相続分を遡って請求する事はできないという結果になっています。

相続財産の分割確定前は、複数の相続人がいる場合、その相続人たちで共有するという決まりとなっています。

裁判によって相続分を決定する場合は、その結果が出るまでに発生した利益を遡って請求する事は認められません。

個人間でやりとりをして、うまく調整できればそれに越した事はないのですが、このようなケースだと面倒な事になりがちですので注意したいところです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ていねいな接客態度、わかりやすい言語、笑顔等が良かったです。

丁寧に判り易く対応していただいた。感謝しています。

初めて頂いたメール、お会いした際から最後まで終始丁寧な対応をして頂きました。分からない点をお聴きした時も、即対応して頂き「待たされる。」と一度も感じることがありませんでした。 実際に作成して頂いた資料は「プロの方に依頼して良かった!」と思えるもので、 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る