相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人がゼロの場合

相続人がゼロの場合

死亡した人物の財産は、相続人(一般的には家族など)が相続すると言うように相続税法において定められていますが、相続人がいないというケースも稀に起こります。

このケースのことを相続人不存在と言いますが、こうなった場合は、被相続人の債権者や特別縁故者などが裁判所に相続財産管理人の請求というものを行います。

相続財産管理人が決定したあとは、その人物が財産を管理し、引き続き相続者がいないかどうかを決定する裁判を行います。

それでも相続人が現れない場合は、特別縁故者(生前被相続者と特別な関係があったと認められる人物)が財産分与の申し立てをすることができます。

ここまでの手順を踏んでなお相続するべき人が現れないと言った場合、相続財産管理人への報酬を裁判所が定め、相続されるべき財産のなかからその報酬が支払われた後、引受人のいない被相続人の財産は国庫に帰属することになります。

相続人のいない財産は、このような流れを経て、最終的には国庫に帰属すると定められています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何もわからない私たちに丁寧に種々のことを教えて下さり、アドバイズをしていただきました。 かなり手間のかかることや、イレギュラーなことも発生しましたが、迅速に対応いただき、心より感謝いたします。ありがとうございました。

・判らない事にていねいに教えて頂いた。 ・調べて欲しい事にタイムリーにやってくれた。 ・節税出来た。

仕事上昼勤夜勤有り、電話で連絡がとれない場合があった為、メールにてやりとりで問題無く、相続税・不動産の相続が出来た事が大きいです。 また、全てにおいて詳しく説明して頂き、申告について疑問が無かったです。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る