年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続放棄と相似相続控除

相続放棄と相似相続控除

相続放棄と相似相続控除

相次相続控除という制度をご存知でしょうか?

被相続者がなくなった際、その財産を相続した配偶者などが相次いで死亡してしまい、再び相続が起こってしまうことを相次相続と呼びます。

この際、立て続けに相続が起こると同じ財産にも関わらず複数回の相続税の支払いが課されてしまうので、この負担を減らすために作られたのが相次相続控除という制度です。

10年以内に立て続けに相続が発生した場合、2度目に課税される相続税は一部が控除された形になり、負担が若干軽くなるというわけです。

この制度が適用されるのは、法定相続人に限られます。

では、相続放棄をした者や相続権のない人物が遺贈などによって財産を取得した場合がこのケースに当てはまっても、控除を受けることができるのでしょうか?

これは、相続税法基本通達上に記述があり、下記のとおりとなっています。

(相続を放棄した者等の相次相続控除)
20−1 相続を放棄した者及び相続権を失った者については、たとえその者について遺贈により取得した財産がある場合においても、相次相続控除の規定は適用されないのであるから留意する。(出典:相続税法基本通達)

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続放棄の際のハンコ代の相場について

“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]

生活保護を受けている方の相続放棄について

生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有する […]

相続放棄をした際の未払公共料金

日常家事債務は相続放棄出来ない 電気、ガス、水道などの公共料金は、「日常家事債務」です。 「日常家事債務」とは、 ・衣食住、光熱、家電製品・家具などの日用品・医療・娯楽・交際費・教育費 のようなものです。 これらの未払金は、相続放棄をすることが出来ま […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る