相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

嫡出子とは

嫡出子とは

嫡出子というのは、婚姻関係にある夫婦の元に生まれた子供の事を言います。

嫡出子は、生来の嫡出子と準正の嫡出子と言う風に区分されていて、生来の嫡出子というのは、正式な婚姻関係にある(つまり婚姻届を提出して日本の法律において夫婦と認められている)夫婦の間に生まれた子供の事です。

子が懐胎されてから生まれるまでの間に少しでも夫婦の間に婚姻関係があれば、それは生来の嫡出子として認められます。

ですので、婚姻前に懐胎していても、妊娠期間中に婚姻していれば生来の嫡出子と認められます。

では、準正の嫡出子というのは、子供ができてから生まれるまでの間に夫婦の間に婚姻関係はなかったものの、子供の生後その子供を認知して親子関係を確定させた後、夫婦が婚姻を行う、もしくは父母が婚姻したのちにその子供を認知した子供、という風に民法では定められています。

嫡出子と非嫡出子では、相続においての扱いも変わってきますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧に判り易く対応していただいた。感謝しています。

父の逝去後、多々の片づけに追われる中、相続に関して的確に進行して頂き、安心しておまかせできました。 ありがとうございました。

相続手続きがはじめてであったこと。急な相続手続で財産の把握ができていなかったこと。複数の固定資産がある中対応していただいたこと心より感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る