相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続放棄の審判手続

相続放棄の審判手続

被相続人が死亡すると、法定相続人は何もしなくても遺産を相続することになります。しかし、被相続人が膨大な借金を残して死亡したなど、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が大きい場合もあります。

また、共同相続人間で争いが予想されることもあります。そのような場合、プラスの財産もマイナスの財産もすべての相続を放棄することで、負債や争いを避けることができます。

これが「相続放棄」です。相続放棄をすると、その相続人は最初から相続人ではなかったということになり、相続人としての権利が無くなります。

相続放棄をしたい人は、相続開始から3か月以内に家庭裁判所に審判を求めなければなりません。ただし、財産調査が3か月以上かかりそうな場合には期間の延長を求めることもできます。

相続放棄の申述には、申述書、申述人の戸籍謄本、被相続人の除籍謄本、住民票の除票が必要です。書類が受理され、審判によって相続放棄が認められた場合、それを取り消すことはできません。

また、被相続人の財産を勝手に処分したり、使ったりした場合、財産放棄は認められません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いつも親切にていねいに対応してくださり、ありがとうございました。 スムーズに申告を終えることができました。 費用についても初回に提示があり、安心でした。

何ぶん初めてのことなので、不安が多かったのですが、一任する形で出来、安心できました。ありがとうございました。

職員の方の対応、正確さ、スピードについてはとても満足しています。 現状、相続税への税務署からの監視がきびしいかとありますが、土地評価に対しまして、 特にさげられた感がなかったのは残念でした。今後、税務調査等あった場合、ひき続きよろしくお願いいたします […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る