相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

ゴルフ会員権の名義書換請求

ゴルフ会員権の名義書換請求

故人がゴルフ会員権を所有しており、それを代表相続人が継承する場合、ゴルフ場規定の名義書換手続きをする必要があります。

では、この手続きはどのように行うのでしょうか。

まず、必要書類を揃えます。

必要書類はゴルフ場によって異なる場合がありますが、ほとんどの場合、被相続人の除籍謄本、遺産分割協議書、相続人全員の印鑑証明が必要となります。

これらを、ゴルフ場指定の名義書換申請書に添付して提出します。

すると、ゴルフ場サイドより相続人がゴルフ場入会条件(年齢制限、他コースの在籍有無など)を満たしているかどうかの確認があります。

これに通れば、名義書換料、年会費を支払ってゴルフ会員権の相続は完了です。

ちなみに、名義書換の際には、個人の会員証券やパス型会員証も必要となることがあり、紛失の場合は別途手数料がかかる場合もあります。

また、ゴルフ会員権を相続した場合にも相続税を納めなければなりません。

取引相場のある者については、通常の取引価格の70%に相当する額が、相続税算出時の評価額となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

若いのにとても親切でたすかりました。 また何かありましたらぜひお願いしたいと思います。 ありがとうございました。

遺産相続がこんなに大変な事とは思っていませんでした。 私自身勉強不足で今になれば後悔する事もあります。 先生方のお力で無事に終れて良かったです。ありがとうございました。

解らない事だらけで、不安でしたが、おかげ様でスムーズに終了致しました。 ほっとしました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る