相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の延納担保

相続税の延納担保

原則として、相続税の納付方法は、金銭での一括納付とされています。しかしながら、相続税の金額が10万円以上で、一括納税ができない場合には、一定の条件を満たせば、金銭の代わりに不動産や株式などの物納や、分割払い(延納)などが認められています。

物納や延納を受けるためには、納付が困難な理由と併せて、申請書類や必要書類を税務署長に提出しなければなりません。

なお、延納の場合には、その期間中、利子税を納付する必要があり、さらに延納担保も求められます。

担保の種類としては、相続したものだけでなく、もともと相続人の財産であったものや第三者の所有するものでも良く、土地や建物などが一般的です。

その他、国債や地方債、社債、船舶、立木などや、鉄道や工場などの財団、また、税務署長が認める保証人の保証などが担保として提供できます。

違法建築や土地の利用が違法性のあるものなどは、担保として認められないこともあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税申告までの期間が短い中、判りやすい説明をしていただき、スムーズにすすめていただくことができました。メールでのやりとりを進めながら(すぐに返信していただき安心できました。)面談での打ち合わせを行っていただき、とてもスピーディに対応していただきまし […]

ささいな質問等にも迅速、丁寧に対応していただきました。面談の日程調整には大変御配慮いただきました。ありがとうございました。

母の急逝で、何の準備も無いままに自ら出来るものと甘い考えで相続の手続きに取り組み始めました。 実は父の時は、全て母が相続していたので、手続きを長男の自分で行ないましたが、今回は弟との分割相続でした。 最初はチェスターさんに無料相談の範囲でと軽く考えて […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る