相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

延納担保とは

延納担保とは

相続税納付の際は、金銭による一括納付が原則とされていますが、諸事情により相続税を金銭によって一括で納付することが困難であると言うケースも稀に起こります。

こう言った場合、一定の条件を満たしていれば延納と言ってローンで納税を行うことができる措置が設けられています。

この延納という方法で相続税を納税することになった場合は、延納担保の提供が求められています。

この場合に担保として提供できるものにはどう言ったものがあるのでしょうか。

まず、財産の種類としては税務署長などに確実と認められている有価証券や、土地、立木や登録されている船舶、飛行機や自動車、建築機械など、様々な種類の物があります。

通常担保として提供されているのは土地や建物が多いようです。また、それらの財産が担保として不適切な要素を持っていないことも求められます。

最後の条件として、担保としての役割を果たす財産であることが求められています。必要担保額を満たしていない財産では、延納担保としては認められません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

1回の相談で特に難しくなく、スムーズに手続きができました。 ありがとうございました。

初めての相続でしたが、非常に順調に終了できました。ありがとうございました。

いつも丁寧にご対応頂けました。 物腰柔らかくお話して下さるので、安心してお任せできました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る