相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

扶養義務者同士で行われる贈与

扶養義務者同士で行われる贈与

贈与税の非課税財産

基本的にある人が贈与を受けた場合、その贈与に対して税金が課せられます。

しかし、幾つかの事例においては、税金が課せられません。

まず、個人ではなく法人から受けた贈与に対しては、税金は課せられません。

その代わりに、その受けた財産に対して所得税が課せられます。

夫婦や親、子供など扶養義務者同士で行われる、生活費や教育費の為に行われる贈与に対しても、贈与税は課せられません。

しかし、注意すべき点は、これら受けた贈り物を預貯金などによって財産にすると、やはり贈与税が課せられます。

さらに、奨学金等の特定公益信託から受け取った資金にも、贈与税は課税されません。

その他にも、精神や体に障害のある人にたいしてなされる救済制度に基づく援助に対しては贈与税は課税されません。

また、特別障害者に認められた人が、特別障害者扶養契約に基づき、信託の受益権を受け取った場合にも、それが認められれば6000万円までの範囲で、贈与税は課せられません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続について何もわからず不安な中、最後までわかりやすく丁寧で親切でした。 こちらが話をしやすいように対応していただいて、安心できましたし、心強かったです。ありがとうございました。

丁寧な説明と素敵な笑顔の担当者の方で、遠方にもかかわらず私の話も時間を惜しまず聞いてくださいました。ありがとうございました。 何度か電話もかけたのですが、その対応も良く、無事手続きが終了してチェスターにしてよかったと思っております。

無事に適正な納税が完了し、ほっとしております。いろいろとありがとうございました。実務的に住田先生には大変お世話になりました。難しい事項について、とても分かりやすく、丁寧にご説明・解説をして頂き、助かりました。 また、御社にはお世話になることがあるかと […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る