相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続の必要書類とは

相続の必要書類とは

相続に際して必要な書類は、相続する遺産の種類によって異なりますので、その遺産を扱う機関への確認が必要です。

しかし、ほとんどの相続で必要となるのは、相続関係を証明する書類です。つまり、死亡した方の生まれたときから死亡時までの戸籍謄本、また相続人全員の現在の戸籍謄本です。

もし、相続人に該当する方で、すでに死亡している方がいる場合は、その方の生まれてから死亡時までの戸籍謄本も必要となります。

これ以外に必要となるのは、分割協議書や同意書です。これは、遺産の種類により、任意の形式でかまわない場合と、所定の様式が決められている場合があるので、事前に確認しなければなりません。

この分割協議書等は、相続人全員の署名と押印がされていなければ、受理されることはありません。

また、これと合わせて必要になるのが、相続人全員の印鑑証明書です。これにより、遺産協議書の押印が確かに本人によるものであることが証明されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お陰様でスムーズに相続税の申告が完了しました。御社にお願いして良かったです。ありがとうございました。

1、相続について、初めての対応であったが本当に親身になって相談に乗っていただき大変感謝しています。 2、友人にも今回のようなことがあれば、自信を持って紹介したいと思っています。色々とありがとうございました。

何にもわからない事ばかりで不安だったのですが何事にも親切に応えていただいて、おまかせする事が出来ました。 今後のことにもまだ未定ですが、お話頂いてますので不安な部分が減りました。ありがとうございます。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る