相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産に不動産がある場合の分割協議の注意点

1.不動産の遺産分割後は相続登記の手続きが必要

相続が始まり、相続財産として不動産を相続した場合忘れてはいいけないのは相続登記です。

すべての不動産は、その所有権が誰の物であるかという情報を法務省の登記簿に記載されています。

そこに記載されている所有者がその不動産の法的に認められた所有者と言うことになるのです。

遺産相続で不動産を相続したということは、その不動産が被相続人所有から自らの所有に変わったことをそこに反映させなければその不動産が法的に自らの物であるということを証明することはできません。

2.ただし、相続登記手続きは義務ではありません

しかし、相続登記はその申請に期限を設けられているわけではなく、義務化もされていません。

相続登記をしなくとも、法に罰せられることはないのです。

ですがもし相続した不動産を相続登記しないまま放置しておけば、余分な問題が発生する可能性が非常に大きいわけです。

例えば、相続した不動産を売却しようとする場合には、相続登記をしていなければできません。

そして、その際に相続登記しようと思ってもその手続きに必要な共同相続人の状況が相続時から変化していることがありえます。

行方知れずになってしまっていたり、不仲になってしまったりと順調に手続きを終えられない可能性もないわけではありません。

他にも時間の経過とともに、その不動産に対する共同相続人の複数化が進行して、さらに相続が発生した場合などは非常に複雑な手続きを必要とされます。

3.遺産分割協議書の作成時の留意点

相続登記の手続きをする際に、法務局へ提出する必要書類として、必ず“遺産分割協議書”が必要となります。

その際に、“遺産分割協議書”に誤字や脱字があれば、当然法務局への申請は通りません。

また、必ず“相続人全員”の実印での押印が必要となります。

なお、自署が必須ではありませんが、相続税申告を行う際に添付する遺産分割協議書は自署が必須となっておりますので、注意が必要です。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大変お世話になりました。私自身わからないことが多く大変お手数をおかけしてしまったかと思いますが、とてもていねいにまた迅速に対応していただきまして本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

昨年、父が亡くなり銀行の方から相続税がかかる旨のことを聞き、急いでインターネットを調べ資料をとり寄せ、チェスターさんに決めました。 決め手は、やはり相続税のプロという所で、同じ税理士でも相続税の申告が未経験の方が多いというのは驚きでした。 不安といえ […]

不満など全くありません。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る