相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

財産分与と贈与

財産分与と贈与

財産分与とは、離婚の際の夫婦間での財産の分配方法で、結婚中に築き上げた財産は夫婦共有の財産とされ、離婚の際には平等に分配されることになります。

マイホーム、夫の収入など、婚姻中の多くのものは夫名義で管理されることが多いですが、離婚の際は名義が夫のものであっても半分は妻の権利であるとされ分配されます。

結婚後に得た財産は二人の協力なくしては得られなかったものとされ、離婚の際はその夫婦共有財産を清算するために財産分与は行なわれるのです。

分与される財産は預貯金はもちろん、共同で使用していた家具類、退職金、年金、生命保険金など多岐に渡ります。

結婚前からそれぞれが所持していた貯金、物品、片方のどちらかが個人的に相続したり贈与で得た財産などは財産分与の対象になりません。

財産分与として夫から妻へ離婚後に与えられる財産に関しては夫からの贈与には当たらず、したがって贈与税を課されることもありません。

しかし共有財産の精算額にしては多すぎると判断された財産分は夫からの贈与とみなされ、贈与税が課されることもあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

提出する書類の多さに、個人では出来ないと、ストレスも感じると思いました。 いろいろありがとうございました。

初めての相続に戸惑う私共に、懇切丁寧に教えて下さり、 また、拙い質問にも気持ち良くお答え頂きありがとうございました。 最後に送付された相続税申告書には感動いたしました。

丁寧に整理してすべての書類を一冊にとじて下さり、ありがとうございました。 次の代を引き継ぐ子供達の為に、貴重な記録として大切に保管させて頂きます。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る