相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

借地権のみなし取得とは

借地権のみなし取得とは

借地権のみなし取得とは、個人の土地所有者が土地を貸し付けたとき、受け取った貸し付け金がその土地の価額の半分を超える場合、借地権が移転したとみなすとするものです。

つまり、貸しているのではなく、売ったことになるということです。

売ったとみなす、ということは、受け取った権利金に対して所得税が課税されます。

土地を譲った方は、受け取った権利金の額が、譲渡所得の収入金額となりますが、たとえば借地権を設定するときに、有利な条件で金銭を貸してもらえるなど、経済的な利益があれば、その利益額も譲渡収入金額に加算し、所得税を計算します。

一方、この場合の借地権の取得費は、借地権等を設定した土地の取得費に、その土地の底地価額に権利金等を加算した金額に対する権利金等の割合をかけた金額となります。

土地の底地価額が不確かで、その借地権等の設定によって受け取る地代がある場合には、その地代の年額の20倍に相当する金額を底地価額とすることができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

使途不明金がかなりあったにもかかわらず無事に手続きを完了してもらって感謝しております。 御社以外の税理士に依頼していたらと思うとぞっとします。 今後も相続以外でも相談に乗って頂きたく思っております。

相続手続きについて全く知識がなく不安でいっぱいでしたが、1つ1つ丁寧に対応して下さり、安心してお任せできました。 家族の意向をくんでスムーズに進めて下さり、感謝しています。

税法、申告手続に精通していない相続人サイドの気持ちを汲み取り、相続の最初の段階から申告をクローズするまでの間、大変に丁寧な対応をしていただきました。相続のシュミレーションを含め当方の質問にも迅速・的確に対応いただき、アドバイスの内容は相続人はじめ家族 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る