相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

生前相続と相続放棄

生前相続と相続放棄

子供が親の財産を生前相続をすることは、親から子供への財産贈与とみなされ、高い税率が課されてきました。

親が子供に生前相続をさせたいと思っても税制上110万円の基礎控除しか受けられませんでしたが、平成15年の税制改正に伴い、親子間で大口で一括の生前相続を認められるようになりました。

これが相続時精算課税制度です。

65歳以上の親から20歳以上の子供への贈与の場合、2500万円までが非課税となり、超過分への課税率も一律で20%です。相続時に相続財産にこの生前贈与分を加算して相続税が算出されますが、早い段階で財産を次世代へ移し運用することで利益を得ることが出来ます。

相続時清算課税は贈与を受ける際に選択しなければいけません。

では実際に相続が発生したときに贈与を受けた相続人は相続放棄が出来るのでしょうか。相続時精算課税を選択した相続人も相続放棄は出来ます。

しかし生前相続分の財産については贈与税分を相続税で精算する制度ですので、その分の相続税は課税されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

わからない所もていねいに教えて頂きました。

時間はかかったものの的確な指導、助言を頂き大変助かりました。 無事に終わることができ、感謝しております。ありがとうございました。

いつもていねいにお教えいただきました。 ありがたく思います。何回も経験することではないので本当に助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る