相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

再代襲相続とは?法定相続人以外が相続するケースを紹介します

再代襲相続とは

相続が発生した場合、民法で定められている法定相続人とは配偶者、子供、父母、祖父、兄弟姉妹と決められており、その順位も決まっています。

子供は配偶者と並び相続順位の一位ですが、この子供が被相続人よりも先に亡くなっていた場合はその子供、被相続人からすると孫が亡くなった親に代わり相続を引き継ぐことになります。

これを代襲相続といいます。

また、子供も孫も亡くなっていた場合、ひ孫が相続を引き継ぐことになり、これを再代襲相続といいます。

兄弟姉妹が相続人の場合、代襲相続で被相続人からすると甥や姪が相続することまでは認められていますが、甥や姪が亡くなっていた場合の再代襲相続は認められません。

この兄弟姉妹の再代襲相続も昭和55年以前は認められていましたが、血縁が薄い者が相続をすることは良いことではないとされ、廃止されました。

相続欠格とされた者、相続廃除された者の代襲相続、再代襲相続は認められていますが、相続放棄をした者の代襲、再代襲相続は認められません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お陰様でスムーズに相続税の申告が完了しました。御社にお願いして良かったです。ありがとうございました。

相続税を申告するのに、どこの税理士さんに依頼したら良いのか…と悩んでいましたところ、チェスター様のHPを拝見しました。相続に強いという事で無料面談をさせていただきました。全く分からない事ばかりの私たちにも親切で丁寧に分かりやすく説明してくださり、即、 […]

主人を失った後、相続に関する手続きは複雑なだけでなく、 精神的にも負担が大きく、ストレスもかなりのものでした。 チェスターさんの方では業務を進めながら折り折り、今後の見通しもお伝え下さり、とても安心できました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る