相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

再代襲相続とは

再代襲相続とは

相続が発生した場合、民法で定められている法定相続人とは配偶者、子供、父母、祖父、兄弟姉妹と決められており、その順位も決まっています。

子供は配偶者と並び相続順位の一位ですが、この子供が被相続人よりも先に亡くなっていた場合はその子供、被相続人からすると孫が亡くなった親に代わり相続を引き継ぐことになります。

これを代襲相続といいます。

また、子供も孫も亡くなっていた場合、ひ孫が相続を引き継ぐことになり、これを再代襲相続といいます。

兄弟姉妹が相続人の場合、代襲相続で被相続人からすると甥や姪が相続することまでは認められていますが、甥や姪が亡くなっていた場合の再代襲相続は認められません。

この兄弟姉妹の再代襲相続も昭和55年以前は認められていましたが、血縁が薄い者が相続をすることは良いことではないとされ、廃止されました。

相続欠格とされた者、相続廃除された者の代襲相続、再代襲相続は認められていますが、相続放棄をした者の代襲、再代襲相続は認められません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税に対して全く無知である私にわかりやすく、資料収集をアドバイスしてくれました。

どうして良いか途方にくれていましたが、すべてきちんとやっていただき感謝しております。

担当していただいた田代様には大変お世話になりました。第一印象も清潔感があり人当りのよい方だと思いました。こちらの依頼にも丁寧に対応していただき、依頼する上で家族のことも話さなければならなかったのですが、そういったことも安心して相談することができました […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る