相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

誰も相続しない場合の手続き

誰も相続しない場合の手続き

誰も相続しない場合の手続き

相続は開始したものの、誰も相続しなかったり、相続する人が現れない場合には、その財産はどうなるのでしょうか。

法定相続人がみんな相続放棄をしても、戸籍を調べて、優先順位順に親戚に相続権が移っていきます。

それでも相続する人がいなくても、相続人が現れるまでの間その相続財産を管理したり、最終的に清算したりする手続きをしなければなりません。

この、仮に財産を管理・清算する人を相続財産管理人といいます。

誰も相続する人が出ないと、相続財産管理人を選任することになります。

相続財産管理人は、家庭裁判所が選任します。

選任された相続財産管理人は、2ヶ月たっても相続人が現れなかったときに、債権の申し出を促す公告をします。

そして、公告の期間内に申し出た債権者や受遺者に対して弁済をします。

この後、さらに相続人捜索の公告をして、それでも期間内に相続人が現れなければ、残った財産について相続人の不存在が確定し、最終的に国のものになります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る