相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

借地権を相続登記することは可能か

借地権を相続登記することは可能か

借地権(建物を所有するために、他人の土地に設定された賃借権や地上権)を相続登記することは可能についてですが、答えは可能です。

借地上の建物および借地権を相続するのに、地主の承諾は必要がなく土地の賃貸借契約書を書き換える必要もありません。

地主に土地の賃借権を相続により取得しましたと伝えれば十分です。

ただ、建物の所有権については、相続人名義に相続登記をする必要があります。

なお、借地上の建物を第三者に譲渡する場合には、必ず地主の承諾が必要があります。

よく、借地権の相続を聞きつけた地主から、賃貸借契約書の名義書換や名義書換料の請求をされるケースがありますが、賃貸借契約書をわざわざ作りなおしたり、名義書換料まで支払ったりする義務は全くありません。

ただ、誰が今後借地人となり賃料を支払うのかを地主に内容証明で通知しておくとよいでしょう。

なお、相続した借地権が定期借地権の場合も当然に相続することができますが、存続期間が定められていて、存続期間満了すると借地権は消滅し、建物を解体して土地を地主に返さなければなりません。

定期借地権とは、存続期間を50年以上とする借地権で、契約の更新や延長がなく、建物買取請求なども認められていないものです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大変お世話になりました。

知識がないのでくだらない質問などをしていたと思いますが、穏やかな口調でていねいに説明して頂きました。 ご不在のときのコールバックも確実でした。予定の日数よりも早く処理して頂き助かりました。

当方が書類を揃えるのに手間取ってしまい、当初の予定よりも大幅に時間をかけていただくことになってしまいましたにもかかわらず、最後までこころよくご対応くださいまして、本当にありがとうございました。他の相続人も、こちらにお願いしてよかったと申しておりました […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る