相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続放棄をした際の未払公共料金

日常家事債務は相続放棄出来ない

電気、ガス、水道などの公共料金は、「日常家事債務」です。

「日常家事債務」とは、

・衣食住、光熱、家電製品・家具などの日用品
・医療
・娯楽・交際費
・教育費

のようなものです。

これらの未払金は、相続放棄をすることが出来ません。

日常家事債務は連帯責任

この日常家事債務は日常の生活に深く関わる者を対象とされ、それら費用に対しては、生活を共にする者は連帯して責任を負う必要があるとされます。

前述した電気、ガス、水道などの公共料金や、生活必需品の購入費用、家族の医療費などがそれに該当するものです。

よって、例えば相続開始時に被相続人に負債が多く、相続放棄をした場合でも支払の義務は発生するという結果になります。

まとめ

冒頭でも説明した通り、遺産相続において相続放棄とは、被相続人が残したプラスの遺産も、マイナスの遺産もすべて相続しないということを意味しますが、電気やガス代などの未払公共料金はこの日常家事債務にあたり、支払義務が生じ相続放棄する遺産の対象にあたらないという見解になるのです。

相続放棄すれば負債となる全ての責任を負わずに済むと考えられる方が多いかもしれませんが、これら日常家事債務という民法で定められた債務があることを理解しておきましょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る