相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

生前贈与と相続放棄

生前贈与と相続放棄

生前贈与は、文字通り、ご健康な間に将来遺産となる可能性がある資産を無償で譲渡することをいいます。生前贈与は、主として相続税対策として多く利用されます。贈与税は年110万円までであれば課税されません。そのため、毎年少しずつ財産を贈与されることで、将来の相続税対策として利用することができます。

また、相続時精算課税制度と呼ばれる特別な制度を利用することで、節税が可能となることもあります(相続時精算課税制度の具体的なご利用方法は税理士へ相談されることがおすすめできます)。

贈与契約の方法

贈与契約の方式については法律上制限はありません。単に口頭で贈与する旨を告げて相手方が承諾すれば法理論上は贈与契約は成立します(民法第549条)。

ただし、口頭による贈与は、原則として贈与者においていつでも取り消すことができます。(民法第550条)
ただし、書面による贈与(贈与契約書などを作った場合)または引渡しなどの履行が終わったもの(現金であれば振込、不動産であれば、引渡しや登記の名義変更)については、例外として取り消すことができなくなります。

この場合には、もはや贈与意思が明白なためです。このように贈与契約を利用して節税対策をお考えになる場合には、1年間における贈与額や相続時精算課税制度という制度利用の可能性という税制面の考慮に加えて、法規制の面として書面または履行済みという形にしておくことが重要となります。

相続放棄と相続税

一方で、民法では相続放棄という制度があります。相続放棄は相続によって得ることができる積極の財産(遺産)とともに消極の財産(負債)も承継しないという意思表示です。相続放棄は家庭裁判所を通して行います(民法第915条)。

では、生前贈与を受けた方が相続放棄をした場合に相続税は発生するのでしょうか。

この点に関しましては、相続発生前の3年以内に贈与が行われている場合には、相続税が課される可能性があります。

そのため、故人がお亡くなりになる過去3年以内に贈与が行われている場合には、相続放棄の手続きをしても課税される可能性があります。

相続放棄の手続きは行政書士や司法書士に相談すればすることができますが(ただし、相続開始時から原則として3ヶ月という期間制限には十分、ご留意される必要があります)、課税の可能性は税理士へ相談されることが安心です。

このように生前贈与を受けた方が相続放棄をされる場合には、相続税の可能性も考慮されることが重要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

必要書類のそろえ方や、様々な制度について、1つ1つ分かりやすいご説明をしていただき助かりました。 疑問にも丁寧で迅速なご対応を頂き安心してお任せすることができて、感謝しております。

■■証券の方にご紹介いただきました。 初めての相談に伺った時から、説明も早くわかりやすく、途中経過も、 そして最後まで、何度もお電話などいただき大変親切丁寧に接していただきました。 本当に助かりました。ありがとうございました。

説明の正確さ、見通し、約束等全て発言通りに進めて頂いた。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る