相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

既婚者を養子にした場合の相続分について

既婚者を養子にした場合の相続分について

既婚者と養子縁組をする場合、養子が戸籍の筆頭者ですと、養子の配偶者も養子と一緒に親の名字に変わります。

相続の際に問題となるのは、養子と養子の配偶者が二人とも子として扱われるのか、それとも一人だけが子として扱われるのかによって、相続分が変わってくるということです。

養子は、実子と同様に扱われますから、法定相続分は同じです。

養子縁組をした際に、夫婦で養子縁組しているのであれば、夫にも妻にも実子と同様の相続分が分配されます。

養子縁組をしたのが夫だけでしたら、妻は夫婦同姓の原則によって名字が変わっただけですから、単なる「子の配偶者」であって、妻と養親とは無関係です。

よってこの場合ですと、夫だけが実子と同等の相続分を受け取ることになります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何も分からず、不安でいっぱいでしたが、担当の岩本さんが、 とても親身になって、対応してくれたので、安心しておまかせする事ができました。 無事に全て終わり、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

親が死んだ時、一番大変な事が「相続」と聞いていました。 自分自身にふりかかると、とても大変で大事な仕事です。 母の手書きの遺言があり検認も済み母の願い通りに進めて行こうとしましたが妹がなかなか納得せずすみませんでした。 しかし、税理士さんの的確なご指 […]

「相続どうしたら・・・」という方にご紹介させていただきます。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る