相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

既婚者を養子にした場合の相続分について

既婚者を養子にした場合の相続分について

既婚者を養子にした場合の相続分について

既婚者と養子縁組をする場合、養子が戸籍の筆頭者ですと、養子の配偶者も養子と一緒に親の名字に変わります。

相続の際に問題となるのは、養子と養子の配偶者が二人とも子として扱われるのか、それとも一人だけが子として扱われるのかによって、相続分が変わってくるということです。

養子は、実子と同様に扱われますから、法定相続分は同じです。

養子縁組をした際に、夫婦で養子縁組しているのであれば、夫にも妻にも実子と同様の相続分が分配されます。

養子縁組をしたのが夫だけでしたら、妻は夫婦同姓の原則によって名字が変わっただけですから、単なる「子の配偶者」であって、妻と養親とは無関係です。

よってこの場合ですと、夫だけが実子と同等の相続分を受け取ることになります。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

税理士先生プロ2名で対応にあたって下さったこと。 書面添付制度の説明を受けました。ペナルティを課してまでもプロとしての誇りとチェスター品質に感銘しております。 大変、お世話になりました。尾崎さんに宜しくお伝えくださいませ。

書類を精査してくださり、ありがとうございました。相続手続きが終わりまして、一安心でございます。

保険関係でどうしても理解出来ない事も丁寧に何度でも教えて頂き、有り難い事でした。 冷静で的確で良い感じを受けました。 本当にありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る